※エックスサーバーにドメインを追加する設定方法がこちら!

皆さんこんにちは(*^-^*)別記事の方からこちらの記事に来てくださった方や、初めて記事を見に来てくださった方などいろいろな方がいると思うのですが、当ブログでは、初心者の目線に立って、ブログを1から始めていく方法について解説しています。

ここまでの作業を振り返りますと、まず一番初めに、そもそもブログとはいったい何なのか、またブログを有料で運営していくのはどういうことなのかということについてお話ししました。そしてその中で、有料でブログを運営していくためには、「サーバーの契約」と「ドメインの取得」が必須であるということについてまとめましたね。サーバーとはブログを設置するための土地であり、ドメインとはその土地の住所のようなものであるとも説明しました(*^-^*)ドメインとは「~.com」みたいなやつですね!

もし、これからブログを始めてみたいという方で、まだそちらの記事をご覧になっていない方は、まずはそちらの記事をご覧になってみてくださいね。

【※初心者集合!】ブログの始め方について解説するよ!

そして、その次には、これからブログを本気で始めてみたいのであれば、「エックスサーバー」に登録することがおすすめであるというお話をしました。私も以前、「さくらサーバー」というサーバーから「エックスサーバー」というサーバーに乗り換えたのですが、初めからエックスサーバーにしておけばよかったな~と後悔しましたので…!というわけで、2回目の記事では、実際にそのエックスサーバーへの登録方法についてまとめました。それについてまとめた記事が以下の記事になります。

【※ブログの作り方】まずはエックスサーバーに登録しよう!

そして、エックスサーバーに登録後は、ドメインを取得しないとブログはインストールできないよ~というお話もして、じゃあ実際にどうしたらそのドメインをとれるのかということについて、3つ目の記事でまとめました。そして、エックスサーバーでブログを運営するのであれば、同じ「エックスサーバー株式会社」が運営するサイト「エックスドメイン」でとるのが、サーバーとの連携も楽でおすすめというお話をしましたね。まだ読んでいない方は、以下の記事がその3つ目の記事になりますので参考にしてください。

※初心者カモン!ブログのドメインならここがおすすめ!

そして、今回書く記事は、ブログを始めたいという方に読んでほしい、4つ目の記事になります。

「サーバーの登録」「ドメインの取得」そして「ドメインのネームサーバーの変更(3つ目の記事で説明しています)」という作業が完了しましたら、いよいよ次は、そのドメインをサーバーに追加する設定を行う必要があります。

スポンサードリンク



ちなみに補足しますが、2つ目の記事の中で、エックスサーバーの「キャンペーンドメイン」のサービスでドメインを取得した方は、3つ目の記事で説明しているようなドメインのネームサーバーの設定は必要ありませんので安心してください。(*^-^*)

ネームサーバーの変更という作業は、「サーバーの登録」と「ドメインの取得」を別々のサービスで完了した場合に、じゃあそのドメインをどのサーバーで使いたいのかということを、ドメイン側で宣言させるような設定になります。「エックスドメイン」と「エックスサーバー」は、運営する会社は同じですが、この2つは別々のサービスなので、「エックスドメイン」でドメインを取得した場合には、そのドメインのネームサーバーをエックスサーバーに変更してあげる必要があるんです。

しかし「キャンペーンドメイン」のサービスを利用して、エックスサーバーの中からドメインを取得した場合には、もうすでにそのドメインのネームサーバーはエックスサーバーになっていると思います。なので、ネームサーバーの変更を行わずとも大丈夫だよ~ということですね。

そして、「エックスドメイン」の方でドメインのでネームサーバーをエックスサーバーのものに変更し、「このドメインはエックスサーバーで使うやで~」という設定が済みました後は、今度はそのドメインを、エックスサーバーの方に追加してあげる設定が必要になります。

ドメイン側の方が「ワイはエックスサーバーを使うんや!」と宣言していても、エックスサーバーの方がそれを認知していないとダメというわけですね(´▽`*)なので、実際にそのドメイン名を、エックスサーバーの方に追加してあげて、ようやく「サーバー」と「ドメイン」両者の連携が取れる、ということになるんです。(サーバーへのドメインの追加とドメイン側でのネームサーバーの変更は、どちらを先にやっても問題ありません。)

ちなみにこのドメインの追加設定自体は、キャンペーンドメインを利用してドメインを取得している方も必要になる作業になります。(…と思います。もし以下の作業を見ていくうえで、「ドメイン設定の一覧」の項目の中にすでにそのドメインが追加されている場合には、必要ない作業になりますので無視してください笑)というわけで、ではドメインの追加設定はどうやるのか一緒に見ていきましょう!(*^-^*)

エックスサーバーにドメインを追加する設定方法がこちら!

それでは早速エックスサーバーにドメインを追加する設定について説明していきたいと思います。実はこの作業。あっという間に終わってしまいます(´▽`*)

まずは、エックスサーバーのサーバーパネルにログインをしてください。サーバーパネルのURLと、ログインするためのサーバーID、パスワードは、エックスサーバーに登録した際に送られてきたメールの中にのっています。

また、以下のURLをクリックしていただければサーバーパネルのログイン画面に飛びます。

https://www.xserver.ne.jp/login_server.php

ちなみに、この「サーバーパネル」には「インフォパネル」の中からもログインすることが可能です。インフォパネルにログインした後、「ご契約一覧」の中の「サーバー」の項目の中に「サーバーパネル」と書かれたところがありますので、そちらから進むとインフォパネルの中からでもサーバーパネルの中に移動できる、という仕組みになっております。

また、もう1つ覚えておいてほしいのは、「インフォパネル」と「サーバーパネル」は、直接ログインするときにはIDとパスワードが異なるということです。「インフォパネル」の中から「サーバーパネル」にログインする分には、サーバーパネルに直接ログインする際のパスワードなどは必要ないのですが、サーバーパネルに直接ログインするときには、インフォパネルにログインするときとはまた違ったID、パスワードなどが必要になりますので、そこをよく覚えておいてください(*^-^*)

ちなみに、その「インフォパネル」にログインするための「会員ID」「パスワード」と「サーバーパネル」にログインするための「サーバーID」「パスワード」はどちらもメールの中に記載されていますので、うまくログインできない方はメールをじっくり見てみましょう( ¯•ω•¯ )じー

というわけで、しっかりとサーバーパネルにログインできれば、以下のような画面になると思います。そして、そのサーバーパネルの中の「ドメイン」という項目の中の、「ドメイン設定」という項目をぽちっとしてください。

すると、「ドメイン設定」と書かれた画面にうつると思いますが、このとき最初は「ドメイン設定の一覧」という項目が選択されていると思います。ちなみに、この時点でその中に「キャンペーンドメイン」で取得したドメインが記載されている場合には、ここからの設定は必要ありません。ですが多分、キャンペーンドメインでドメインを取得しただけでは、現時点でその「ドメイン設定の一覧」の中にあるのは「~~xserv.jp」という初期ドメインだけだった気がします。

ちなみに、この初期ドメインは何のためにあるんだろうと思う方もいると思いますが、基本的にこのドメインは今後使うことはありませんのであまり考えなくて大丈夫です(´▽`*)

例えば、この初期ドメインを実際にブログを運営するためのドメインとして利用することも可能みたいなのですが、これはエックスサーバーに特有のドメインなので、例えばこのドメインを他のサーバーに移管したりということはできないんですね。(~.comみたいのは移管できます。管理会社を変更するということですね)なので、この初期ドメインをブログの運営に使うということは避けたほうが良いでしょう。

ってなわけでですね、話を戻しますと、現時点では「ドメイン設定の一覧」が選択されていると思いますので、その隣の「ドメイン設定の追加」という項目を選択してください。

すると以下のような画面になりますので、

ここで「ドメイン名」と書かれた入力欄の中に自分が取得したドメインを「~~.com」のように入力して、右下の「ドメイン設定の追加(確認)」を押してそのドメインをエックスサーバーに追加する、という流れになるのですが、その前に、入力欄の下の

  • 無料独自SSLを利用する
  • CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する

という2つの項目があるのが気になる方も多い、というか普通気になると思います笑なのでこれについて説明させていただきますね(*^-^*)

スポンサードリンク



独自SSLとは?この先ブログを運営していくなら独自SSLの設定は必須です!

この設定、以前はドメイン設定の追加の項目でやる設定ではなかったのですが(2017年10月25より実装)、この「無料独自SSL」の設定は、いわばブログを運営するうえでのセキュリティーの強化をしますか?というような設定になります。

ちなみに「無料独自SSLを利用する」という項目にはチェックが入っていて、「CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する」という設定にはチェックが入っていないと思いますが、個人ブログの場合には、その設定で問題ないと思います(´▽`*)

ちなみに「無料独自SSLを利用する」とは何ぞやというと、実はこの機能を利用するとブログのドメインの前につく「http://」が「https://」になるんですね。これを意識したことがある方とない方といると思うのですが、「https://」の方は通信が暗号化されるので、「http://」よりもセキュリティが強化されるんです。

この先ウェブサイトなどを運営していくなら「https://」で運営していくことはほぼ必須となっていきますので、これを利用しない手はありません。「無料独自SSL」と書いてありますが、本来これを無料で利用できるというのはすごくありがたいことなんです(´▽`*)

ちなみに、以前は「http://」か「https://」かがそれほど重要視されていなかったので、古いサイトほど「http://」だったりしたのですが、わりと最近になって、天下のGoogle様が「https://」の方がサイト評価上げるで~という発表をしたので、ウェブサイト運営者はまじかよ~んとなったわけですね笑

それを機に独自SSLを追加して、「http://」から「https://」に乗り換える方も増えたのですが、実はある程度記事数があるブログなどを、途中から「https://」に乗り換えるのって、すっごく大変なことなんですね。ブログは、記事ごとにURLを決められていますし、そこに挿入する画像にもURLが割り振られますので、そういうもの全部に「s」を追加しなければならないんです。想像しただけでめんどくさいでしょ??( ;∀;)

しかも、その記事のURLを変えると、実はその記事についていた「いいね」などの値がすべてリセットされてしまうんですね。皆さんも、この先ブログを運営していくとなると「FaceBookページ」などとの連携を行うかもしれませんが、仮にそのいいねが「100」とかついていたのに、それが「0」になるとしたら、それって相当ショックなことだと思いますよ。

なので、「独自SSL」を追加するなら、絶対に1番はじめに追加するのが良いんです。一番最初に追加しておけば、その後書く記事や挿入する画像のURLはすべて「https://」になりますので(*^-^*)

というわけで、これを確認し、ドメインの入力がきちんとできているか確認しましたら、右下の「ドメイン設定の追加(確認)」を押して、ドメインの追加作業は完了になります。

まとめ

今回の記事では、エックスサーバーにドメインを追加する設定方法について詳しくまとめました(*^-^*)

ちなみに、ドメインの追加を行うと、その下に「https://~~.com」のようなURLが表示されると思いますが、この時点ではまだそのURLをクリックしても「無効なURLです」とか「このウェブスペースへは、まだホームページがアップロードされていません。」とかいう表示がされるだけだと思います。

なので次に、このホームページ上にいよいよ「ワードプレス」という「ブログソフトウェア」をインストールしてあげる必要があるのですが、もしドメインの追加設定の後すぐにワードプレスのインストールをしたとしても、ドメインの設定自体からまだ半日とか経っていない場合には、すぐにそれが反映されない場合がありますので、それはよく覚えておいてください(*^-^*)

今ここまでやった作業は、ブログを設置するための土地(サーバー)を準備して、その土地に住所(ドメイン)を関連付けるというような作業になります。なので次に、その土地の中に、家を建てる(ブログをインストールする)という作業が必要になりますが、今はまだ土地の業者と住所の業者が、どこかのカフェでコーヒーでも飲みながら互いに自己紹介をしているような状況で、もしその間に内緒で家を建てても、その結果はすぐ反映されません。

しかし、その自己紹介が終わるのを待っているのは時間がもったいないので、その間にブログをインストールしてしまおうというわけです。土地の業者と住所の業者の自己紹介が終わり、「あ、なんか家建ってんじゃん」ということになれば、先ほどの「https://~.なんちゃら」にアクセスすれば、ブログのトップページに行けるようになります。

というわけで、次回はいよいよブログをインストールする作業について説明していきたいと思います(*^-^*)最後まで読んでいただきありがとうございました!

→次の記事がこちら:※エックスサーバーにワードプレスをインストールする方法がこちら!

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)