【超重要】ブログには「何を書く」のがベストなの?

新しくブログを始める時には、自分は何を書くのがベストなのかを考えることはすごく重要です。

まず、ブログにはある程度の専門性を持たせることも大切になってきますし、各記事ごとにキーワードの選定をすることも重要です。逆にいうと、キーワードも設定せず、ジャンルもバラバラ、内容も薄いような記事を量産するだけでは、ブログにはなかなか人は集まってきません。

ブログというものは、SEOを意識した良質な記事を沢山書いたとしても、それで結果が出るまでには、200記事~300記事くらいの記事数は基本的には必要になってきます。ブログというものをどういうものか知らない方からすると、この数字は驚愕の数字だと思うのですが(;^ω^)、でも逆にいうと、良質な記事さえ書けば、200記事~300記事書くだけで、例えば月10万円の収入源にするというようなことも全然可能です。

スポンサードリンク



200記事というとすごく大変そうに思えますが、1日1記事書けば、たったの1年でその記事数は365記事にもなります。つまり、ブログというものは、1年間1日最低1個記事を書くだけでも、結果が出るものなんです(*^-^*)

ただ、そんなに沢山の記事を書くからには、それが無駄な努力になってしまっては非常に悲しいですよね。実際、先ほど言ったように適当に記事を書くだけでは、たとえ1000記事書いてもアクセスはほとんど集まらない可能性もあります。そして、そこで重要になってくるのが、自分は何を書くのがベストなのかということを、まず初めによく考えてみることなんです。

ということで今回の記事では、ブログに何を書くか悩んでいる方のために、私の考えを詳しくまとめていきたいと思います(*^-^*)

ちなみに当ブログでは、ブログの始め方から、ブログ運営において役立つ情報を、どこのブログよりもわかりやすくをモットーに詳しくまとめております。

複数の記事に分けてまとめているのですが、これまでに書いた記事の情報や、これから更新する予定の記事に関する情報は以下の記事でまとめておりますので、気になる方は是非一度ご覧になって見てください(*^-^*)

※初心者必見!ブログ運営の方法とコツ、全部教えます!

ブログには何を書くべきなのか?まずは、競合の少ないジャンルをリサーチしよう!

ブログを始めてみたいという方の中には、そもそもブログって何を書くものなのか、無料ブログで良いのか、どのくらいで結果がでるのか、そもそも今から始めて遅くないのかなど、本当に何から手を付けたら良いのかわからないという方さえいるのではないかと思います。(ちなみに当ブログでは有料ブログをお勧めしており、その始め方について紹介しています。)

ちなみに、ブログというと日記のようなものと思っている方もいるかもしれませんが、日記を書いてアクセスが集まるのは芸能人くらいのものであり、一般人の方が日記ブログを書いたところで、そこにアクセスが集まることは基本的にはありません(´▽`)

よほど面白い日記を書けば誰かからの口コミで広がるかもしれませんが、一般人がやるブログと言ったら、日記を書くのではなく、そのブログを見てくれた人が、役に立ったと思えるような内容を発信するメディアを作っていきます。

例えば今回の記事では「ブログに何を書くのかわからない」という方を対象に、そう言う方たちの疑問を解消することを目的として、今私は記事を書いております(*^-^*)

このように、ブログの記事には1つ1つにあるテーマを持たせることが大切であり、好きなことだけを書いているのではだめなのです。ちょっとここでは全てを説明しきることはできないので、ブログについてよく知りたい方は是非他の記事も参照してほしいのですが、ブログ運営においては、各記事ごとにキーワードを設定し、そのキーワードは、なかなか競合が少ないものを選択する必要があります。

ここで、キーワードとは何かというと、例えばこのブログのキーワードは「ブログ 何を書く」になります。この2つの言葉を組み合わせた複合キーワードで検索する方の目に留まるように今私は記事を編集しており、そういう最適化を行うことが、記事の評価をアップさせるコツになってきます。

ただ、そのキーワードというものには、それぞれに競合が多いか少ないかという違いがあります。例えば、「野球 投げ方」というキーワードで書いた記事というのはおそらく上位表示はなかなか難しいと思いますが、「野球 投げ方 子供」という3つの言葉を組み合わせた複合キーワードで記事を編集するのであれば、それは、「野球 投げ方」というキーワードで書いた記事よりは上位表示される可能性は高くなります。(と思います。)

ここまで読んでみて、「いったいこいつは何を言ってるんだ…_(:3」∠)_」と思っている方も今もしかしたらいるかもしれませんが笑、とてもじゃないですが、ここでブログの特性、ブログ運営の仕方をすべて説明することは不可能なので、その説明はここでは省略させてください。しかし、以下のリンク先の第1回からの内容を順番に読んでいけば、私の言いたいことはすぐにわかっていただけると思います。

※初心者必見!ブログ運営の方法とコツ、全部教えます!

※まずは、第22回、23回の記事を見てみてください(*^-^*)

ブログの記事に何を書くかというのは、自分が書きたいと思っているジャンルが競合が多いかどうかということを調べてみた結果で少々変わってきます、というより変える必要があります(キーワードプランナーというツールなどを使って調べます。)この言葉の意味が分かれば、意味のない記事を沢山書いてしまうようなこともなく、正しいブログ運営ができるのではないかと思います。

スポンサードリンク



ブログには何を書くべきか、競合性うんぬんよりも大切なこととは?

先ほどは、ブログには何を書くべきかという話で、競合性がなるべく低いようなジャンルを選んでブログを書くのが良いという話をしました。キーワードプランナーで調べた時点で、競合性が「高」や「中」と表示されるキーワードは、その時点で参入は避けたほうが良いからなんです。つまり、そのキーワードで勝負してみても、上位表示されず、結果無駄な記事になってしまう可能性が高いです。

しかし、じゃあ競合が少ないマニアックなジャンルを選ぶのが良いのかというと、それもジャンルの選び方としては間違っていないことではないのですが、私としては、ブログに何を書くか考える上では、自分が興味があるジャンルを選択することが何よりも重要なんじゃないかと最近思っています。

ちょっと意味が分からない方も多いと思うので補足しますが(;^ω^)笑、ブログというものを早く育てたいのであれば、ほかの人がちょっと書かないけれど、需要があるようなテーマでブログを育てていくというのがブログを育てる上で重要になってくる1つのコツになります。

例えば、「野球」や「サッカー」についてまとめるブログを作るよりも、もっとマイナーなスポーツについてまとめる方が、自然とそういうものについてまとめている他のブログの数も少なくなり、結果として早く成果が出やすいということになると思います。これも、ブログで成果を出すためには、大切なことなんです。

しかし、もし良いテーマが見つかったとしても、それがあまり興味が持てないようなジャンルであるならば、私個人的な意見としてはそういうものをブログのテーマにするのはちょっと避けたほうが良いのかもしれないなと思っています。ブログというものは、結局は200記事とか書いていくことになると思いますので、そんなに沢山の記事を、自分が興味がないものをまとめるというのは、結構苦痛だと思います(;^ω^)

なのでまとめますと、ブログに何を書くかということ、何を題材にするかを考える上では、競合性が「低」のジャンルであることが大前提で、そのうえでそのジャンルが自分が書き続けられそうなものかというをまず考えてみることが重要です。

まとめ

今回の記事では、ブログに何を書くべきか悩んでいる方のために、私の個人的な意見を述べさせていただきました。

競合性が「低」で、興味があるジャンルを書くのがベスト!というと、まるで当たり前のことのように思えますが笑、意外と、そういうジャンルを見つけるというのは簡単なことではありません。なぜなら、すぐに思いつきそうなジャンルというものは、他の方にとっても思いつきやすいジャンルである可能性も高く、すでに敵が多い可能性が高いからです。

聞いてしまえば当たり前のことのように思えますが、逆にどうしても書きたいことがあるけれど、すでに競合が「中」以上であるなら、挑戦してみても良いですが、それこそ500記事とか書かないと結果が出ないかもしれないということは是非最初に覚えておく必要があります。

私としてはそれでも挑戦してみても良いかなと思いますが、まだブログを作った方にとってはそれは相当苦痛になってくる作業だと思います。

ブログはジャンルをころころ変えることはあまり良いことではありませんので、ブログを書き始める前に、しっかりとジャンルを選定することが重要です。是非この辺りを参考にしていただいて、皆さんだけのオリジナルブログを作ってみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました(*^-^*)

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)