【初心者必見】ブログ初投稿における内容と書き方について!

ブログを書いてみたいと思っていざその準備をしてみても、その初投稿の時に、どんな内容で記事を書いたら良いのか、その書き方がわからなくてつまずいてしまうという方は少なくないと思います(´▽`)

初投稿だからこそ、そこで自己紹介をするべきなのか、どんなテーマで書くべきなのか、記事の構成はどうしたら良いのか、そんなことばかり考えてしまって、なかなか思うように文章が書けないという方もいると思うのです。実際、私もブログを始めたばかりのころ、それこそ初投稿の時にはそういう部分で悩んだ気がします。

スポンサードリンク



ブログを書くということは、1番はやっぱり「慣れ」が重要になってくるのですが、その仕組みや、ブログというものがそもそもどんなものかということを知っておくことが、ブログのスムーズな記事作成においても重要になってきます。ちなみに、初投稿というと自己紹介が必要かと思う方もいるかもしれませんが、逆に、自己紹介は記事の中にはできるだけ入れない方が良いです。

さて、ではそれはいったいどうしてなのか。今回の記事では、ブログの記事の初投稿における記事の内容とその書き方についてまとめていきたいと思います(*^-^*)

ブログの初投稿における記事の内容と書き方について!

よっしゃやるぞ~!と思ってブログをいざ始めてみても、その初投稿において、どんな内容で記事を書いたら良いのか、どんな書き方をしたら良いのかというところがわからなくて、う~ん(;^ω^)と悩んでしまう方は少なくないのではないかと思います。

そして、初投稿というと、最初にまずは自分の自己紹介などを入れたほうが良いのかな~と思う方もいると思うのですが、基本的には、その記事の作成において、個人的な自己紹介などはその中には入れない方が良いでしょう。もし、自己紹介をしたいのであれば、自己紹介ページを別に用意して、記事のどこかでそこに誘導するような形にしたほうが良いです。

これはなぜかというと、そもそもブログに訪れてきてくださった方というのは、最初はそのブログの管理人に対して特に興味などを持っているわけではないからです。記事を読んでいく中で、この人の記事は面白いな、ためになるな、と思ってその人がどんな人なのか気になるというパターンはもちろんありえますが、記事の冒頭で最初にながながと自己紹介を書かれると、誰やねん(・ω・)と思われてそのまま記事から離脱されてしまう可能性もあります。

ブログの記事というものは、その記事を訪れてくださった人に対して、それこそ記事の冒頭からその人の興味を引くようなこと、ために書いておくことを書いておくというのが1つ重要なポイントです。その人はどんな場所から記事に来てくれたのか、検索で来てくれたとしたら、その人はどんな情報を欲しているのか、そんなことを考えながら、できれば記事の冒頭からその人のためになるようなことを書いておいてあげることが、ブログの記事をよく読んでもらうための1つのコツなんです。

ブログというものは、閲覧者あってのものです。もちろん、自分が書きたいことを書くということもブログを続けるうえでは大切になってくることなのですが、閲覧者を意識した記事づくりを是非心がけてみてください(*^-^*)

ただの日記じゃ意味がない!自分がどんなブログを書きたいのか、まずはよく考えてみよう!

さて、先ほど「ブログというものは、閲覧者あってのものです」と言いましたが、それを考える上では、ブログというものは、その内容がただの日記では意味がありません。

もちろん、単純に自分の日々の記録として日記をつけたいということならそれでも良いのですが、この記事をここまで読んでくださった方の目的は、そうではないと思います。つまり、人が自然と集まるような人気のブログを作ってみたいと考えている方がその多数だと思うのです。

もし、そうではなく、単純に日記をつけたいということなら、その書き方、内容においては特にセオリーなどを気にする必要はないと思います。単純に、自分が書きたいことを、書きたいように書けば良いのです。

しかし、人気のブログを作ってみたいということなら、先ほども言いましたように、その閲覧者の目線に立った内容の記事づくりを心掛ける必要があります。こういう風に説明するとわかりやすいかな?とか、この情報はいらないかな、とか、そんなことを考えながら、できるだけ第三者の目線に立った内容の記事づくりをしてみてください。

そもそも、芸能人とかではない限り、ただの日記でアクセスを集めるということは難しいですからね(´▽`*)人気のブログを作りたいという方は、「ブログは人の役に立つ情報を発信するためのメディア」という認識を持っておきましょう。

スポンサードリンク



初投稿で自己紹介がいらないもう1つの理由がこちら!

さて、先ほどブログの初投稿の記事の中では自己紹介をする必要はないといったのですが、それにはもう1つ理由があります。それは、ブログの記事というものは、そもそも書いた日付が最終的な日付になるとは限らないからなんです。

ブログというものは、実は1回記事を書いたらそれで終わりではないのです。1度人気の記事になったとしても、それをずっとそのままにしておくと、いずれそのアクセスは段々と減ってきます。これはなぜかというと、そのほかに新しい記事が周りに段々と増えてくるからなんです。なので、時間がたつほど、古い記事の情報は段々と下に埋もれて行ってしまいます。Googleなどの検索エンジンは、新しい記事を好む傾向にあるのです。

そのため、ブログの記事というものは、アクセスが減ってきたら、その記事の内容を最新の情報に修正して、日付を最新にして再投稿するというのが基本です。完全に日記形式で書いているようなブログはちょっと難しいかもしれませんが、例えば当ブログのようにその記事ごとに別々のテーマを持たせた記事を書いているブログは、ほぼ100%そういう作業を行うことでアクセスを集める努力をしています。

なので、初投稿だからと言って、「この記事が初投稿になります」と、とくに強調して書く必要はないということです。また、そこで自己紹介をする必要もありません。

そもそも、ブログの記事というものは、閲覧者はその記事を日付順に読んでいくわけではありません。また、閲覧者にとってどの記事が1番最初に目にする記事になるかはわからないので、その内容においても、初投稿ということを特に意識する必要はないのです。

ブログの記事の構成について!おすすめの構成がこちら!

さて、では次に、ブログの書き方でつまずいている方のために記事を書く上で参考にしていただきたい記事の書き方についてご説明したいと思います。

まず、ブログの記事の書き方においては、「ブログの記事の冒頭の部分」ここが非常に重要になってくるということを皆さん是非覚えておいてください。この記事の最初の方でも少し言いましたが、ブログの記事というものは、その冒頭でどれだけ記事の内容に興味を持ってもらうか、ということが記事を最後まで読んでもらうために重要になってくるポイントなんです。

そして、その記事の冒頭の部分は「フック文章」と呼ばれています。このフック文章でいかに読者の興味を引き付けるか、もう一度言いますがこれがポイントになってくるんです。

そして、実際にフック文章を書いたら、いよいよ本論に入っていきます。また、実際の記事の書き方としては、以下の図を参考にしてください。

このように、実際の記事の書き方としては、フック文章を書いたら、そのあとの本論を3つくらいのパートに分けて書き、適度に文章を区切ることが、読みやすい記事を作るためのコツになってきます。

また、この記事の書き方については、以下の記事の中でさらに詳しくまとめておりますので、興味がある方は是非ご覧になってみてください。

【ブログの記事のお手本】注意すべき3つのポイントがこちら!

まとめ

今回の記事では、記事の初投稿における内容や、その書き方について、重要になってくるポイントをまとめさせていただきました。

ブログの記事の内容は、ただの自己満足で終わってしまってはいけません。人に読んでほしい記事にしたいのであれば、第三者の目線に立った役立つ情報を発信していく必要があります。

とはいえ、どんなに頑張って記事を書いたとしても、後々見たら修正したいと思うポイントはきっと出てくると思います。私も、その時は頑張って記事を書いたつもりでも、後々見返したらこんなことも書いておけばよかったと思うところや、これだとわかりづらいかも、と思うところも結構あったりするんです(´▽`*)

なので、そう思ったら、その都度記事を修正するようにしましょう。記事は1回書いたら終わりではなく、何度でも修正することができますからね。

ブログの記事というものは、それこそ初投稿の時にはなかなか思うように作業が進まないと思いますが、誰でも慣れれば段々とそのコツがわかってくるようになると思います。また、記事を書くのも段々と楽しくなってきますので、是非皆さん、人気のブログを作れるように頑張ってください(*^-^*)!

それでは今回の記事は以上になります。最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)