【ブログが続かない理由について考察】書くのがつらいあなたへ…

ブログをいざ始めてみても、何記事か書いたら作業がつらくなって、なかなか更新がうまく続かないという悩みを抱えている方は少なくないと思います。

また、頑張って更新を続けてきたけど、数か月たってもなかなか思うように結果が出ずに、記事を書くのがつらくなってきたという方もいるでしょう。ブログは、結果が出るまでに相当時間がかかる場合もありますので、そういう方の気持ちはよくわかります。

スポンサードリンク



でも、逆にブログは続けてさえいれば結果が出るので、是非頑張って続けてみてほしいところなのですが、今回の記事では、ブログの更新がなかなか続かないという方のために、その理由を自分なりに考察してみたいと思います。

私もこれまで、ブログで挫折しそうになったことは何回もありますが、何とか続けて来れましたので、是非参考にしてください(*^-^*)

ブログが続かない理由とは?うまく続ける秘訣がこちら

ブログの更新が思うように続かないという方の気持ちは、実は私もよくわかります。

私はこれまでかれこれ500記事以上書いてきましたが、それもずっと同じペースで、同じ熱量で書けたわけではありません。時には、ブログを書くのがつらくて、作業を投げ出したくなったこともありますし、実際に本当に集中できなくて、記事を書けなかった時もあります。

それに、それは今もそうです。今日は張り切って書くぞ~と思える日もあれば、今日めっちゃだるい…と思って書けない日もあります。そして、「やらなきゃ」と「やりたくない」という気持ちが、これまで何回芽生えたことかわかりません。

なので、ブログが思うように書けない、続かないという方の気持ちはすごくよくわかるのですが、そういう、ブログが続かないという理由は何なのだろうと考えた結果、ブログを続けるためには、ある1つの秘訣があるということが最近わかってきました。

それはブログを更新し続けるためには、決して頑張りすぎてはいけないことです。頑張ることは大切ですが、頑張りすぎは禁物なんです。

これは、意外性を出したいからといって適当なことを言っているわけではなく、本当にそう感じています。その証拠に、頑張りすぎてしまった次の日は、いまだに私もすごい脱力感に襲われてしまうんです_(:3」∠)_

大切なことは、1日少しでも前進すること!

ブログを始めたばかりのころというのは、早くそれで結果を出したくて、一気に頑張ろうとする方も多いと思います。しかし、それこそが長期を見据えたブログ運営においてはなるべく避けたほうが良いことなのです。

もちろん、早く結果を出すためには早く多く作業をこなすことが重要になってくるのですが、最初っから飛ばして頑張っていると、必ずいつかその反動が来ます。

最初は頑張ろうという気持ちでいっぱいだったのに、そのうち、今日はやりたくない、もう書きたくないというような気持ちになってしまうのです。

そして、そこでいったん作業を止めてしまうと、今度は自分はダメな奴だ…となって、結局何も手につかないなんてことにも陥ってしまうかもしれません。

実際、私もこれと似たようなことをこれまでに何度も経験しています。例えば、今日は時間もあるし、頑張って記事を沢山書こう!と思って、4記事とか5記事とか書いたりすると、その時は、すごい達成感と充実感で幸せな気持ちになります。そして、この調子で頑張るぞ~と思うわけです。

しかし、そう思って次の日作業を始めようと思ったら、びっくりするくらい集中ができないんです(;^ω^)そして、昨日頑張った分、今日頑張れない自分に嫌気がさしてきます。そこから、再び集中モードに入るためには、結構時間がかかることもあります。

なので、ブログを更新するときに気を付けたいことは、決して頑張りすぎず、今日できなかったことより、今日できたことをプラスに考えた方が良いということです。

例えば、昨日2記事書いたのに、今日は1記事の半分しか書けなかったとしても、それは確かに前進しています。大切なことは、1日、少しでも良いからちょっとずつ前に進むことなんです。

スポンサードリンク



まったく作業をしない日を作るのはNG!そして、ブログの記事を書き続ける上で重要なのは「記事の出だし」を書けるかどうかです。

さっきと関連した内容になるのですが、ブログが続かない理由を考えた時に、もう1つ皆さんにお伝えしておきたいことがあります。

それは、ブログの運営においては、まったく書かない日を作らない方にした方が良いということです。その日に記事を公開できないとしても、数百文字でも良いから、毎日記事は書いた方が良いとこれまでの経験からすごく感じています。

実際、めんどくさいのと、用事があったりということが重なって、1文字も書けない日があったりすると、その次にブログを更新するのは、結構労力がいります。

プロのスポーツ選手だと休むと感覚が鈍るので良くないということはよく耳にしますが、ブログでも似たようなことが言えるのです。

そして、ブログというものは、記事を完成させるよりも、その出だしの数百文字を書き出すというところが1番労力がかかってくる作業だと私は感じています。逆に、その出だしさえかけてしまえば、本文は結構すんなりと書けることが多いんですよね(*^-^*)

なので、記事を書くのがつらいとおもったとしても、まずは出だしだけでもそこで書いてしまってみてください。一度出だしさえかけてしまえば、そこからの内容は意外とすんなりかけてしまうのではないかと思います。

めんどくさいと思うのは普通のこと!大事なのは、それとどう向き合うかです

私は、ブログを書くことがめんどくさいと思うこともあれば、ブログを続けてよかったと思うこともありますし、書きたいと思うことも沢山あります。

でも、最初のころは、どちらかというと「めんどくさい」の方が圧倒的に大きかったように思います。結果が出ない中でブログを続けるのって、本当につらいですからね_(:3」∠)_

しかも、私は最初のころは2日に1記事くらいのペースでしか記事を更新できませんでした。パソコンで文章を打った経験もほとんどなかったですし、そのくらい、ブログを始めた初期のころは決して順調というわけではなかったんです。

そして、ブログを書くというのは、最初はみんなそんなもんだと思います。なので、ブログが続かないと悲観することもある意味普通のことですし、実際、続かないとはいっても、それはその時の気持ちの問題でしかないので、あまり気にしないことが何より大事です。

例えば、今から30分以内に100文字でも良いから書いてといわれたら、誰でも書けますよね?そしたら、それはもう書けないという状態からは脱しています。

書けないと思うなら、とりあえずその時は書かなければいいんです。そして、時間をおいて少し気持ちが落ち着いたら、少しでも良いから書き出してみてください、100文字書けば、あとは自然と指が動いて途中までならすらすらと書けるはずです(*^-^*)

ブログで挫折してしまう方は結構多いみたいですが、大事なことは、1日半歩でも良いから前に進むことです。

1日10分もブログにさける時間がないという方はほとんどいないと思いますので、その10分でも良いから、ブログを書くという作業に費やし、それを習慣化させてしまってください。

まとめ

今回の記事では、ブログが続かないという方のために、その理由を考察し、その対処法を自分なりにまとめてみました。

少し話は変わりますが、先日、【「めんどくさい」がなくなる本】という本を読みました。自分のモチベーションアップにつながればと思い読んだのですが、ためになることが色々と書かれていて参考になりました(*^-^*)

でも、その本を読んだ感想としては、めんどくさいが完全になくなるということは、やっぱりあり得ないことだと思いました。

私は、そこまでの期待を込めて読んでわけではないですし、実際参考になることも色々かいてあったので読んでよかったと思いましたが、人が何かをするとき、めんどくさいと思うことは自然なことなんです。

なので、めんどくさいと思う自分、できない自分を否定したところで、それはただ時間がもったいないだけです。それだったら、気分転換にゲームでもやった方が良いんです。頑張りすぎは禁物、これは、ブログを運営していくうえでは非常に重要になってくるポイントだと私は思います。

それでは、今回の記事はこれで以上になります。是非、自分のペースを乱すことなく、適度なペースでブログの更新を続けてみてください。「自分なりに頑張る」を続けていれば、必ず結果は出ますからね(*^-^*)

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)