※ライオンとトラはどっちが強いのか?徹底比較!

ライオンとトラ、この2つはどちらもネコ科の中では最大の部類の肉食獣であるわけですが、皆さんは、そのライオンとトラは、結局どっちが強いのかと考えたことはありませんか?(´▽`*)

私はそういう大型の動物で何が強いのかとか、そもそも規格外に育ってしまった動物とかを見るのが好きでして、結構よくそういうのを調べてしまいます。

ちなみに皆さんは、今から2年前に、北海道の紋別市で体重400キロのでかすぎるヒグマが捕獲されたことをご存知ですか?

私も当時ニュースで見た時には、日本にまだこんなでかいクマがいるのかと思わず息をのみましたが、あまりの大きさに少し感動しましたね。実際には絶対に出くわしたくはないものですが、こいつどれだけでかいんだろう、と実物を見てみたくもなりました。

その捕獲されたヒグマの実際の写真がこちら↓

いや、でかすぎでしょ!!畑で作業してるときにこんなん現れたら、もう、どうしようもありませんね(;^ω^)トウモロコシ何本でもやるからどっか行ってくれって感じです。

さて、それでは本題に戻りますが、ライオンとトラ、どっちもそれぞれ強いイメージがありますが、結局この2つはどっちが強いのか、今回の記事で詳しく比較していきたいと思います。

スポンサードリンク



ライオンとトラはどっちが強い?徹底比較!

皆さんは、実際ライオンとトラのどっちが強いと思いますか?

私は、個人的にはトラの方が強いんじゃないかなと思っています。もちろん、トラとライオンの中でも強さには個体差があると思いますが、同じサイズのライオンとトラを戦わせたとしたら、おそらくトラが勝つのではないかと思います(´▽`*)

その理由としては、トラとライオンとでは、トラの方が俊敏性などの面で優れていると思うからです。実際、木を登ったり、ジャンプをしたりという能力は、トラの方が1枚上手のようです。

皆さんも、きっとトラの方がより猫っぽい動きをする動物というようなイメージがあるのではないでしょうか?

では、実際、トラとライオンはどっちが強いのか、これについては、それを11個の項目で比較しているとても参考になる動画がありましたので、まずはそちらをご覧になって見てください。

また、この動画で比較されている11個の項目がそれぞれ何を意味しているのか、また、それぞれの項目の比較の結果を、以下にわかりやすくまとめておきます。

  1. AGGRESSION:攻撃性(WINトラ:★★★★★)/(LOSEライオン:★★★★)
  2. RUNNING:走力(LOSEトラ:★★★★)/(WINライオン:★★★★★)
  3. BITE FORCE:咬合力(WINトラ:★★★★★)/(LOSEライオン:★★★★)
  4. KILL SKILL:殺傷力(トラ:★★★★★)/(ライオン:★★★★★)(DRAW
  5. INTELLIGENCE:知性(WINトラ:★★★★)/(LOSEライオン:★★★)
  6. ATHLETIC:運動性(WINトラ:★★★★★)/(LOSEライオン:★★★★)
  7. SIGHT:視力(トラ:★★★★)/(ライオン:★★★★)(DRAW
  8. TERRITORIAL:縄張り性(LOSEトラ:★★★)/(WINライオン:★★★★★)
  9. ENERGY LEVEL:活力(トラ:★★★★★)/(ライオン:★★★★★)(DRAW
  10. TEAM WORKING:協調性(LOSEトラ:★★★)/(WINライオン:★★★★★)
  11. GENERAL HARLTH:健康性(トラ:★★★★)/(ライオン:★★★★)(DRAW

この動画では、最終的にこの11個の項目を比較した限りでは、トラが47ポイント、ライオンが48ポイントということで、ライオンに軍配があがっています。

動画から考察できること:1対1なのか、種としての勝負をするかで強さの関係は変わってくる可能性がある。

先ほどの動画の評価を見る限りでは、ライオンとトラの強さは、いくつかの項目を比較してみるとどちらも良い勝負であるといえます。

しかし、単純に1対1の勝負をするのであれば、やはりトラの方に軍配が上がるのではないでしょうか?実際、10個目の項目として協調性が比較されていますが、これを除いて考えてみると、実はトラの方が1ポイント高くなるのです。

そして、攻撃性、咬合力、運動性、という、「個」の純粋な力を評価する項目は、どれもトラに軍配が上がっています。なので、檻の中で同じサイズのトラとライオンを戦わせたとしたら、トラの方に軍配が上がる可能性が高いでしょう。

ただ、これは1対1で戦わせた場合の結果であり、もしトラとライオンが群れで激突したとしたら、その勝敗はまた逆転するかもしれません。皆さんもご存知だと思いますが、ライオンは群れで動物を狩るという特徴があり、トラよりもチームで戦うことに慣れています。

そのため、トラとライオンのどっちが強いかというのは、その戦いの仕方をどう定義するかによって少し変わってきそうです。

スポンサードリンク



ライオンとトラ、それぞれの最強種とは?

「ライオンとトラ」と一口に言ってみても、実はそれぞれその種類は1種類だけではありません。

そして、その種類によって、結構大きさも変わってくるものなのです、そしてライオンとトラそれぞれに「最強」と言われている種類のものがいます。

バーバリライオン

ということで、まずはライオンの方からお話しさせていただきますが、ライオンの中では「バーバリライオン」と呼ばれる種類のライオンがもっとも体が大きく、最強のライオンであると考えられているそうです。

このバーバリライオンはアフリカ北部に生息していたライオンなのですが、狩りなどの影響で1度1922年に絶滅したと考えられていたそうです。

しかし、その後純血種と思われる種類の1頭が2007年に捕獲され、現在はその個体数が50頭にまで増えたんだとか。1頭からどうやって増やしたのかは定かではありませんが、どうやらその血を途絶えさせることは何とか逃れられたようですね(*^-^*)

ちなみに、このバーバリライオンは最大で体長3m以上にもなり、体重は350キロにもなるんだとか。

ちなみに、上野動物園にいるライオンは「インドライオン」という種類のライオンであり、このインドライオンは体長1.4m~2.0mくらいになり、体重は120~200キロくらいになるんだそうです。

私も上野動物園のライオンは見たことがありますし、それで十分大きいと感じましたが、バーバリライオンはそれをはるかに上回るサイズに成長するみたいですね(;^ω^)こわ!

アムールトラ(シベリアトラ)

さて、それでは次にトラについて説明していきますが、トラは全部で8種類ほどおり、その中では「アムールトラシベリアトラ)」と呼ばれる種類のトラが最強のトラであると考えられているそうです。

このアムールトラは、現在はロシアのアムール川、そしてウスリー川の周辺にしか生息していないそうで、個体数も500程度しかいないとされています。

そして、そのサイズ何ですが、このアムールトラもまた、過去には体長3m以上、そして体重350キロにも及ぶ巨大な個体の記録が残っているそうです。ちなみに、最初に見ていただいたヒグマの写真がありましたが、あれが400キロなので、350キロというのは相当巨大な個体であるということが想像できますよね?(;^ω^)

「バーバリライオン」VS「アムールトラ」という夢のカードが組まれることは今後間違いなくありませんが、もしバーバリライオンの中で最大の個体と、アムールトラの中で最大の個体が激突したら、果たしてどうなるんでしょうね?目の前でその2頭が戦い始めたら気絶しますわ笑

まとめ

今回の記事では、ネコ科最大の種に分類される「ライオン」と「トラ」は、果たしてどっちが強いのか、様々な項目の比較もとに考察しますとともに、それぞれの最強種などについても紹介させていただきました。

ちなみに、今回はライオンとトラという題材で記事を書きましたが、果たして人間でこういった巨大な肉食獣に勝てる人っているんでしょうかね?

刃牙という漫画だとライオンとか瞬殺しちゃう人とか出てくるんですが、たぶんリアルだとどんなに格闘技が強くても逆に何もできずにやられちゃうんでしょうね(;^ω^)

そういえばこの間テレビでもボブ・サップ選手がグリズリーとガラス1枚を挟んで押し相撲してましたが、やっぱり全然押されてました。でも、ボブ・サップ選手も頑張った方だと思います。グリズリーとか化け物ですもん笑

というわけで今回の記事はこれで以上になります。最後まで読んでいただきありがとうございました(´▽`*)

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)