※幽霊っているの?いないの?見える人にはなぜ見えるのか

皆さんは、幽霊の存在を信じていますか?(´▽`)

幽霊がいるのか、いないのかというのは、昔からしばしば議題に挙がりますが、いる派もいない派もおり、いまだにそれが科学的に証明されていないというのが事実です。なので、ここでもその結論を出すことはできないわけですが、私個人的には、幽霊は間違いなくいると思います。

おそらく、幽霊がいると思っている人の方が多いと思いますが、幽霊って、絶対いるでしょ!(笑)

見える人には見えているわけですし、それが全部嘘なわけがありません。よくテレビで心霊映像特集なんかもやったりしますが、その多くは「これ嘘だろwww」というものばかりですけれども、時々、本当にドキッとするくらい「これはガチなやつや」と思うものもありますからね。

スポンサードリンク



影が通り過ぎたり、火の玉が見えたり、というのだったらCGとかでなんとでもなりそうなものですが、まだカメラが古いころの映像で、明らかに人の形をした影がこっちに向かって手を振っている映像とか、どうやってもそれを目の錯覚というのには無理がありますからね。

まあ、今時幽霊はいないという人の方が稀だと思うのですが、それでも、科学的にそれを証明できない以上、幽霊が絶対にいるとは言い切れません。では、幽霊が見える人って、いったいなぜ見えるのか、というところがマジで気になりますよね。

そこで今回の記事では、幽霊はいるのか、いないのかということについて考察しますとともに、幽霊が見える人は、なぜ見えるのか、ここで詳しくまとめていきたいと思います。

幽霊はいるのか?いないのか?幽霊がいないと証明する科学的な実験が行われたそうです。

幽霊はいるのか、いないのか、それが科学的に証明される日がいつか来るのかは疑問ですが、実は過去には、幽霊はいないと説明できるような科学的な実験も行われているそうです。

それが、スイス人の研究者によって行われた研究で、2014年に発表されたものなのですが、その研究によると、幽霊がいると感じるのは、脳の錯覚であるということを突き止めたそうです。

あくまで、その研究グループの発表なので、突き止めたという言い方だと少し誤解があるかもしれませんが、少なくともその研究グループは、幽霊がいないということを科学的に証明できると考えているみたいですね。

ではその研究とはどのような内容だったのかというと、具体的には、まず、その実験の被験者には目隠しをしてもらい、その人の人差し指を、前方のロボットにつなぎます。そして、その被験者の背後にもロボットを置き、その背後のロボットの指が、被験者の背中に触れるようにしたそうです。

そして、この実験において前方のロボットが被験者の指を押したとき、背後のロボットがそれに合わせて被験者の背中を押すようにすると、被験者は、あたかも自分が自分の背中を押しているかのような錯覚に陥るんだそう。興味深い内容ですが、確かにこれはそうなるかもしれない、と思いますよね?(´▽`)

そしてここからが重要なのですが、前方のロボットが被験者の指を押し、そこから背後のロボットが背中を押すまでのタイミングを0.5秒遅らせると、被験者は、あたかもなにか不気味な第三者に背中を触られているかのように感じたそうで、これこそが、幽霊というもの、得体のしれない存在を感じるメカニズムに関係している、というのがこの研究で言わんとしていることなのです。

これはあくまでその1つの例でしかありませんが、つまり幽霊という存在を感じることは、何か矛盾する感覚があった時に、通常的に起こりえる現象だというのです。

特に、精神的、肉体的に極限の状態にあるとき、疲れているときというのは、こういった存在を感じやすいとこの研究チームは述べています。

例えば、登山家など、肉体を酷使する方はそういった不気味な存在を感じやすく、精神障害がある方もそういう存在を感じやすいといいます。しかし、この研究グループは、あくまでそういう現象、つまり幽霊を感じたりすることは、普通の方にも起こりうることであると述べたということですね。

幽霊は「いる派」の私からすると、もちろんこれをすべて鵜呑みにはできないのですが、もちろん一理はある意見だと思います。例えば、私も経験がありますが、金縛りにあうと、何か得体のしれない存在が近くにいるような恐怖感に襲われたりしますが、それにはこういった作用が関係しているのではないかということがこれでなんとなく納得できました。

幽霊がいるかも…、今何かそこにいた気がする…そういう曖昧な恐怖は、こうした作用によって起こっているものなのかもしれません。

それでも、幽霊はいると思う理由がこちら!

ただ、それだけで幽霊がすべて実は勘違いでしたというのは、ちょっと無理がある話ですよね?(´▽`)その実験だけだと、複数の人が同じ場所に同じ幽霊の存在を感じることは説明がつきませんし、そもそも、動画や写真に写っている幽霊の存在もまた説明できません。

ただ、心霊写真に関しては、科学的な検証の元、何らかの機材トラブルや撮影の際のブレなどによって説明できるものも多いみたいです。特に、体の一部が消えていたりする写真は、必ずしも心霊写真とは言えないみたいですね。

とはいえ、幽霊は間違いなくいるでしょうね。ということで、ここでちょっと私の個人的なお話をさせていただきたいと思います。

私、中学生のころ野球部に所属していたのですが、実はその学校っていうのが、もともとは火葬場だったんです。

なんでそんなところに学校建てるかな~と思うところですが(;^ω^)、実は野球部のグラウンドがちょうど火葬するあたりの部分だったらしく、そのセカンドベースあたりが、一度「どす黒い」と幽霊が見えると噂の子に言われたことがあるんですよね。

で、実際、うちのセカンドベースは、そこを回ったあたりでケガする人が多いんですよ。私がちょうど現役だった時だけでも、骨折した人が2人いました。

まあ、それが幽霊の仕業というのは少々強引ですが、もしかしたら関係していたのかな、というのは今でも思っています。

後、これは私が中学生の頃の話なんですが、その当時、不謹慎な話ですが、幽霊が見えるということに少し興味がありまして、霊能力者の方が、霊能力を高めるために実践しているという方法を、2週間ほど試してみたんです。

具体的には、この世にはあり得ない光景、例えば、真っ赤な富士山とか、真っ赤な海とか、そういう風景を思い浮かべること、そしてそれをより鮮明に思い浮かべることが、霊能力を高めると説明されていたので、それを実践してみたんです。

私は、真っ赤な海が、押し寄せてはひき、押し寄せてはひき、という光景を1日30分くらい、寝る前に目を閉じて想像してみました。

そして、そんなこんなで、ある日学校から家に帰りましたら、玄関に入ったところで、お風呂場の洗面所の方から名前を呼ばれたんです。その時は、私の姉が先に帰ってきていて、呼ばれたのだと思い、なんの疑いもなく洗面所に向かったのですが、案の定、そこには誰もいませんでした(;^ω^)怖すぎて家を飛び出しました笑

後、それから数日たたないうちに、また洗面所のところ、お風呂に入っているときにも名前を呼ばれました。それからはもうその方法はやめ、名前を呼ばれるというようなこともなかったので万事解決なのですが、その当時はやっぱり怖かったですし、興味本位でそういうことをやろうとするのはやめようと強く思いました。

とはいえ、それも先ほど科学的に説明された錯覚の一種である可能性が高いのですが、今まで、幽霊がいると仮定しないと説明できないような映像、写真って世界中で撮られているわけですし、幽霊は絶対いるでしょうね。

スポンサードリンク



幽霊が見える人は、なぜ見えるのか?

私、基本占いとかあまり信じていない方なのですが(笑)この人はガチですごい人だな、と思える方が地元に1人いました。

占い師というより、この人もまた幽霊が見えちゃう霊能力者の方なのですが、人を見るだけで、その人がどんな人物なのか、その人の未来はどうなっていくのか、その人はどんな前世を歩んできたのか、ということがすぐにわかっちゃう人がいたんです。

まるで嘘みたいな話ですが、会えばわかりますが、この人はガチだな、と思える説得力がなんだかにじみ出ています。ちなみに、普段はそういう霊能力とは全く関係のないお仕事をされている方で、知る人ぞ知る、みたいな方なんです。相談すれば乗ってくれるけど、自分からそういう商売を売りにしているわけではない、という感じです。

では、そういう人って、なぜそういう普通の人には見えないものが見えるのか、本当に疑問です。私は、今そういうものが見たいと思っているわけではありませんが、単純に疑問なんです。

科学的には、人間の目には波長が400nmから800nmくらいの光までしか見えないということになっていますが、幽霊やオーラはそもそも光ですらないですし、目で見えているのに、その目は光をとらえているというわけではないんですよね(;^ω^)本当に謎です。

ただ、そんな感じで調べていたら、ある気になる文面を発見。それは、霊能力者でも、すべての幽霊が見えるわけではない、というものでした。

幽霊を見るというのは、つまり「波長が合うこと」というのはよく耳にしますが、幽霊が見える人であっても、見えるものと、見えないものはあるみたいです。

とはいえ、これもまた証明できるものではありませんが、きっとその人に何かを伝えたいという幽霊側の何かしらのメッセージがあった時だけ、それは何らかの方法で目に見えるものとなって現れるのかもしれません。

そう考えると、幽霊が動画などに映るのって、本当に不思議ですよね。本当に謎が尽きませんが、いつかそれが科学的に実証される日が来るのか、気になるところです。

まとめ

今回の記事では、幽霊はいるのかいないのか、ということについて考察しますとともに、個人的にそれがいると思う理由や、なぜ見えるのかということなどをまとめさせていただきました。

幽霊って、どうしても怖いものというイメージがつきまといますが、特にいても害はない存在なんですよね。それに、いるのが当たり前とさえ今は思っているので、特に心霊映像などを見てもそれほど怖いとは思わなくなりました。

ただ、単純にこれはガチだなと思う映像を見ると、なぜそこに映ってしまったのか、それがすごく気になったりします。何かを伝えたいんでしょうけど、なんだかすごいことですよね。

というわけで、今回の記事はこれで以上になります。最後まで読んでいただきありがとうございました(´▽`*)!

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)