※楽しいこともストレスの原因に!人生を幸せに生きる方法とは?

人生を幸せに生きていくためには、自分にとって「楽しいこと」を見つけることがとても重要なことであるということは言うまでもありませんね(^^)!中には、そういうものがなかなか見つけられないというような方もいるかもしれませんが、楽しいことを見つけることは、実は決して難しいことではありません。

もし今皆さんが、自分が楽しく取り組めるような何かを見つけられていないのだとしたら、それは皆さんの周りに楽しいことが何も無いのではなく、皆さんが色々なものの楽しみ方、その楽しさについてまだ知らないだけなんです。そのため、楽しいことを見つけることの第一歩は、皆さんにとって少しでも興味があるものを、とりあえず「やってみる」という行動を起こすことだと私は考えています。

スポンサードリンク



しかし、「楽しいこと」と言ってしまうと聞こえが良いですが、実際には何かを本当の意味で楽しむためには、それが楽しいと感じられるようなるまで継続してがんばらないといけないような場合もあり、そこでストレスを感じて、辞めてしまうというような方も少なくないはず…!楽しいことって、実はストレスの原因になるようなことも少なくないのです。

また、そもそもどんなに楽しいことでも、それは皆さんの精神的な部分に少なからず影響してくるものなので、それ自体が「ストレスを感じている」と言えるそうなんです。どういうこと?と思う方も少なくないと思いますが、特に精神状態が不安定なうつ病の方などにおいては、そういった楽しいこともストレスになる場合があるということを覚えておくことは大切なことのようです。

そこで今回の記事では、人生を幸せに生きていくために、楽しいことを見つけるためにはどうしたら良いのかということについてまとめますとともに、「楽しいこと」と「ストレス」の関連について詳しくまとめていきたいと思います。

楽しいことを見つける方法とは?人生を楽しくするのはあなた自身です!

何か楽しいことが起きないかな~_(:3」∠)_

きっと、今までにそのようなことを思ったことがあるという方は少なくないと思います。かくいう私も、楽しいことが起きないかな~なんだかつまらないな~と思いながらもんもんとしていた時期がありました。

しかし、結論から言うと、自分から何かを始めないのに、楽しいことなんてそうそう起こることはありません!

宝くじだって、買わなければ当たりません!しかも、宝くじなんて、買ったところで当たりません!笑何かに夢を見ることはすごく大切なことではありますが、そういうものの実現を運などに任せてしまうのは、本当の意味で人生を楽しんでいるとは言えないと私は思いますし、何かを楽しみながら生きていくためには、少しは頑張ってみないといけないような場合も少なくありません。

例えば、テレビゲームをすることは、特に頑張るというようなこととは関係のないようなことに思えますが、自分よりうまい人に負けてばかりだと、それはきっとそんなに楽しいことではないでしょう。つまり、テレビゲームさえ、それを楽しむためには頑張ることが必要になってきます。

また、運動なんかも同じことが言えますし、楽器だってそうですよね。どんなことも、それを本当に楽しいと思えるようになるまでには、継続して取り組んでみるということが大切なことなんです。

でも、そういう楽しいことを見つけるうえで、まず1番大切なことは、そもそも、何かを「やってみる」という行動を起こすことだと私は考えています。そういう行動を起こさないことには、皆さんにとって楽しいと思えることは、まずなかなか見つかることはないでしょう。

「やってみる」という行動を起こすために、まずは自分の興味があるものが何なのか考えてみましょう!

皆さんの中にも、自分が行動を起こさないことには、人生は楽しくならないなんてことはもうわかっている方も少なくないでしょう。でも、そもそもどう行動したら良いのかわからない、興味があるものがない、または行動しようとする気力がないという方など、色々な原因から新しい一歩が踏み出せずにいる方は多いと思うのです。

でも、私は別に、新しい何かを始めるうえでは、それがあなたにとってどうしてもやりたいと思うようなことではなくて全然良いと思うのです。例えば、なんだかカメラって面白そうだな、とちょっとでも思うのであれば、とりあえず「カメラを買ってみる」そして実際にどこかへ「写真を撮りに行ってみる」そういうことがすごく大切なんです。

そして、そういう行動を一回経験すると、その達成感が、そういうものを続けてみたり、また新たな何かを始めようとする原動力になります。やってみる、という行動は、皆さんの気持ち次第で何なら今日か明日にでもできることは沢山あると思います。なので、ちょっとでも興味があるものは、それをやってみる。もし皆さんが楽しいことを見つけたいのであれば、まずはそういう行動を是非起こしてみてください。

また、ここで皆さんが自分にとって興味があるものとはいったい何なのかということを考えていただくために、皆さんにとって楽しそうと思えるようなもの、趣味や生き甲斐にできそうなものをいくつか書き出してみたいと思いますので、是非参考にして見てください(^^)

スポーツ(野球、テニス、バドミントン、バスケ、ゴルフなどなど)、スポーツ観戦、ヨガ、筋トレ、ダイエット、登山、釣り、サバゲー、ダーツ、ビリヤード、料理、お菓子作り、テレビゲーム、アニメ、小物作り、アロマ、裁縫、習字、絵画、執筆活動、ブログ、ネットビジネス、読書、映画鑑賞、カメラ、動画制作、イラスト制作、アプリ制作、プログラミング、音楽制作、楽器、ライブ鑑賞、DIY、茶道、華道、落語、漫画の執筆、外国語、ボランティア活動、囲碁、将棋、陶芸、チェス、麻雀、手品、小動物の飼育、博物館・美術館巡り、旅行、道の駅巡り、パワースポット巡り、物集め、ガーデニング、盆栽、占いなどなど…

どうでしょうか?これだけあれば、ちょっとは興味があるものが1つは見つかるのではないかと思います。

また、そういう新しく何かを始める場合には、それを習い事として始めてみるというのもお勧めです。習い事として始めれば、それは1人で何かを始めるよりも継続しやすいですし、何より、その楽しみ方を知っている方から教えてもらえるということなので、1人でやるよりもずっと楽しいと感じられるのではないかと思います(^^)

スポンサードリンク



「楽しいこと」と「ストレス」の関連とは?

「楽しいこと」と「ストレス」、この2つはまったく相反するもののように思えますが、実は楽しいことを本当に楽しいと感じるためには、常にそこにはストレスを感じる可能性が潜んでいます。

これは先に述べたとおりですが、そもそも、何かを本当の意味で楽しむためには、ストレスは感じざるを得ないものなのです。でも、そのストレスを乗り越えた先に、楽しいという結果が待っています。なので、楽しいこと=ストレス発散と考える方は多いと思いますが、実はそうではないんですね。

また、そもそも「楽しいこと」や「嬉しいこと」というようなものも、実は人間にとってはストレスを与える原因になってしまうんだそうです。そういうものって、一般的には私たちがストレスと呼んでいるようなものを発散させてくれる良いもののように思えますが、例えば、仕事や人間関係の疲れなどからくるマイナスのストレスを「不快ストレス」と呼ぶのに対し、楽しいことや嬉しいことからくるストレスは「快ストレス」と呼ばれ、やはりそれも人間の精神的な部分や、体調の変化などにも少なからず影響してくるそうです。

そもそも、「ストレス」というものは、外部の環境変化などから生じる緊張状態のことを言い、「ストレス反応」といえば、それはそういう外部からの刺激に対する体の応答のことを良います。私たちは、身体的なストレスに対して反応を示すことに加え、実は精神的に感じるストレス、それは良いものであっても、悪いものであっても、そういうものに対して体内では様々な応答が行われているわけです。

例えば、そういうストレスを感じ続けると、体内ではコルチゾールと呼ばれるホルモンが分泌され、そういったストレスを軽減するように働きかけます。そのため、このコルチゾールはストレスホルモンと呼ばれているのですが、実はうつ病などの精神疾患の発症の原因の1つが、このコルチゾールの過剰分泌にあるのではないかと考えられています。

うつ病というと、特に不快ストレスの方を感じ続けるような場合に発症してしまうような印象がある病気ですが、そのように、人間はストレスを長期にわたって感じ続けてしまうと、コルチゾールが過剰に分泌されてしまうようになり、体内のホルモンバランスの乱れなどが起きて、それがうつ病という精神疾患の発症につながってしまうのではないかと考えられているのです。

ちなみに、そのコルチゾールには免疫の働きを抑える作用などがあるため、例えば、緊張したときなどに、体調を崩してしまうのは、そういった体内応答が大きく関係してくるようです。大事な試験がある前や、楽しみなことがあるという時に体調を崩してしまう方っていますが、それには少なからずそういった体内のホルモンバランスの変化などが関係しているということなんですね。

また、こういうことが言えるからこそ、楽しいことなどによる快ストレスと、何かの疲れからくる不快ストレスは、そのバランスをとることが大切で、どっちかに偏ることは良くないといわれています。つまり、不快ストレスはどうせなら無い方が良いように思えますが、実は、そういうものがあったうえで、良い意味で感じるようなストレスも感じて、そのバランスを保つのが健康的に生きる上で重要なことなんだそうです。

なるほど~という話ですが、例えば毎日決まった生活リズムの中に、良いものであっても、悪いものであっても、何か新しいことを取り込もうとすることが体調の変化につながることがあるのはそういうことなのかもしれませんね(^^)

また、こういうことが言えるからこそ、この先楽しいことを見つけたいと思っている方は、そういうものに偏りすぎないようにすることが大切なのかもしれません。なんでも適度にやる、ということが大切なことのようですね。

まとめ

今回の記事では、楽しいことの見つけ方などについてまとめますとともに、その「楽しいこと」と「ストレス」との関係について詳しくまとめました。

「楽しいこと」は、あくまで私たちがよく知るような負のストレスを発散させてくれるとても良いことのように思えますが、実は、そういう楽しいこともまた、生体的、精神的な面からみると、ストレスを与える1つの原因になってしまうものと言えるようです。

でも、大切なことは「快ストレス」と「不快ストレス」のバランスを保つことといわれていますので、やはり楽しいことを見つけるということが重要であるということは間違いないようです。「不快ストレス」の方は、特に望んでなくてもどこからかやってくるものですからね(;´∀`)笑

なので、今もし楽しいことが無いというような方は、是非「やってみる」という行動を起こして、どんどん楽しいことを見つけてみてください(^^)

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)