※生き甲斐がないあなたへ…生き甲斐の見つけ方とは?

生き甲斐がない…生き甲斐の見つけ方がわからない…

きっと、そういう悩みを抱えている方はたくさんいらっしゃると思います。

毎日同じことの繰り返しで、特にやりたいこともなく、気が付いたら1日が終わっているなんてこともあるかもしれませんね。私もそういう時期がありましたので、その気持ちはよくわかります。

スポンサードリンク



生き甲斐がないというのは本当につらいです。でも、その生き甲斐をどうやって探したらよいのか分からずに、生き甲斐の見つけ方がわからないという方もたくさんいらっしゃるでしょう。

そこで今回の記事では、生き甲斐がないと感じている方や、生き甲斐の見つけ方がわからないという方のためにも、私の経験などをもとにここでその生き甲斐の見つけ方などについて考察していきたいと思います(^^)

生き甲斐がないとどうなってしまうのか…

まず、私事ではありますが、私が生き甲斐がないと感じていたころの話を少しお話したいと思います。

私が特に生き甲斐がないと感じていたのは、大学に入ってから少し経った頃です。特に、大学生1、2年のころは、今思うと本当につまらない時間を過ごしていました(*_*)

就職もまだ先の漠然とした話のように考えていましたし、友人と付き合うのも面倒で、学校が終わったらすぐに家に帰ってあとはテレビを見たり映画を見たりといった日々を送っていたんです。

また、大学生になってくると、付き合いにお酒が絡んでくるというのが嫌でした。友人と楽しくお酒を飲むのならまだよいのですが、私はお酒が苦手ですし、お酒に飲まれて人に迷惑をかけるような人間が本当に苦手です。なので、なるべく人と付き合わないようにして、またどんどん1人で過ごすようになっていきました…

ただ、その1人で過ごす間に、何度か好きなものを見つけようとする努力をしたこともありますが、それも長く続かず、何でも中途半端でした。生き甲斐を見つけるというのは大変で、それはきっと、年を重ねるほど難しくなってくるものだと思います。

というのも、実際に就職をすると、生き甲斐を見つけるというのはなかなか難しいですよね。仕事が生き甲斐になっている方もいるかもしれませんが、そうではない方のほうが圧倒的に多いと思います。また、仕事がつらくて、生き甲斐もないという方なら、どんどん精神的に追い込まれて行ってしまう方も多いでしょう_(┐「ε:)_

じゃあ、その生き甲斐とはなんなのか。生き甲斐を持っている方と持っていない方では何が違うのか、ちょっと考察してみたいと思います。

生き甲斐の見つけ方とは?生き甲斐とはいったいなんなのか…

生き甲斐というものは、一言でいうと私たちに生きているという喜び、実感を与えてくれるものですよね。人生をより豊かにし、そのことで頭がいっぱいになってしまうようなものを生き甲斐と私たちは呼んでいます。

生き甲斐の見つけ方は1つではないと思いますが、周りの人間に恵まれるかどうかという要素は非常に大きいと思います。例えば、無理やりにでも何かに誘ってくれるような人間というものは、実は非常に貴重な存在です。

1人でふさぎ込んでしまっている時期はそういう人間というのはただただうっとうしいだけかもしれませんが、そういう人間がいてくれるということは非常にありがたいことだと、最近ではよく思うようになりました。

また、ちょっと話がそれますが、私がこれまでの人生で思ったことをここに記しますと、1人でも生きていこうとする強さを身に着けようとすることは、大切ではありますが、それだけがすべてではありません。結論からいうと、1人でも生きていける強さを身に着けることと、色々な方と関わりながら生きていく能力を身に着けるということは、どちらも大切なことなんです。

何を当たり前なことを言っているんだと思うかもしれませんが、きっと皆さんの中にも、つらいときに1人で頑張らなきゃと思ってしまう方はいると思います。でも、私がそれでちょっと「うつ」っぽくなったことがあったので、アドバイスとしてここに書いておきたいと思います。((+_+))

ちなみに、そのうつっぽくなっているときには、自分がそうなっているとは意外と気が付かないものなんですよね。今思うと、あの時の自分は相当病んでいたな~とか思うんです。なので、ちょっと今皆さんが人と関わりたくなくて、1人でいたいと思うなら、そういう時こそ誰か周りの人と話す時間を作ってみてください。きっと、いろいろな気づきがあると思いますよ。

さて、では話を戻したいと思いますが、では、その生き甲斐の見つけ方とはいったい何なのかということについて話しますと、生き甲斐を見つけるためには、自分の興味があることを沢山書き出し、実際にその中から1つを選んで、すぐに「やってみる」という行動を起こすことがとても重要だと私は考えています。

ならば、それをやらざるをえないような状況を作ってしまうことが結構ポイントです。例えば、ギターを始めてみたいのであれば、ギター教室に通ってみるとかですね。そういう行動を起こさないことには、やはり生き甲斐と呼べるものを手にすることはなかなか難しいと思います。

スポンサードリンク



あなたのやりたいことは何ですか?もう一度、自分の好きだったことを思い出してみてください。

実は、生き甲斐になるきっかけは、皆さんの周りにたくさんあふれていると思います。でも、それを生き甲斐にするまでが大変なんですね。

例えば、どんな方でも、これまでに一度は何かを好きになったことがあると思います。映画を見たり、本を読んだり、プラモデルを作ってみたり、絵をかいたり、裁縫ができたり、ゲームをしたり、なんだっていいんです。そういうものを、本当に突き詰めて行けば、それは生き甲斐にできると私は思います。

でも、それを生き甲斐にするには、それを突き詰めることによって、あなたの存在が人から必要とされたり、賞賛されたり、収入が得られたりするといった成果がないとなかなか生き甲斐にするのは難しいかなとも思うんですよね。

私は現在、こういうブログなどを書いて生計を立てていますが、このブログビジネスはまさにそういうものに適しているものの1つだと思います。ブログでお金を稼ぐって、なんとなくまるで自分とは関係のないようなもの、自分にはできないものという風に決めつけてしまっている方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

でも、実際簡単なものでもなくて、根気がないと、そもそもブログを開設する前に挫折してしまうかもしれません。ちなみに、FC2とかアメーバとかの無料ブログならすぐに始められますが、ビジネスとしてブログを始めるなら、いろいろな情報を管理するためのサーバーを自分で準備したり、ドメイン(URL)を自分で準備したりしなければならないんですよね。また、その他色々な設定や知識を覚えないとなかなか難しいです。

今ではブログを書くことが生き甲斐にもなっていますし、自分の好きなことをブログの題材にすると、それは更新するのも本当に楽しいですね。また、それを見ていただいて、誰かのためになるなら、これほど生き甲斐になるものはなかなかないと思います。

もちろん、1人で始められるビジネスにはいろいろなものがありますが、このブログビジネスはとてもおすすめです。もし、自分で自由に時間を使って生活をしてみたいという方は、是非挑戦してみてください(^^)

まとめ

今回の記事では、生き甲斐がない、生き甲斐の見つけ方がわからないという方のため、そして何より私自身のためにも、生き甲斐とはなんなのかを考察してみました。

ここで改めてその内容を少し振り返りたいと思います。

  • まず、生き甲斐とは、自分の生活を豊かにするもの、生きている実感を与えてくれるもの。
  • 人の生き甲斐はそれぞれですが、人の誘いが思わぬ生き甲斐の発見につながることがある。つらい時こそ、人と関わる時間を作ったほうが良い
  • 何をどう生き甲斐と感じるかは人それぞれですが、何かを突き詰めて、それを生き甲斐にするには、それによって人に必要とされたり、賞賛されたり、収入が得られるなど、何かしらの成果が得られるものの方が良い。
  • 生き甲斐を見つけるためには、それを見つけるために自分が行動を起こすことが必要。その気になれば、今日からでも人生は変えられます。

記事の中では後戻りができないような環境を作ることが大切といいましたが、それが必ずしも良いかはわかりませんのでご注意を。家族を養う立場なのに、いきなり仕事を辞めたりするのはやっぱり怖いですからね…!

でも、私がよく思うのは、行動するなら早いうちのほうが良いということです。早いうちというのは、気持ちが変わらないうちに行動するということです。その行動力さえあれば、80歳からだって人生は変えられると思います。

お札に載るような偉人になったって、それが何をした人か覚えている方は少ないでしょう。いきなり何を言い出すんだと思うかもしれませんが、つまり私たちのことを覚えている人はあと100年もしたらいなくなっちゃうわけですから、自分が悔いを残さないような人生を送ることができたかというのが生きていく上では本当に大切なことだと思います。

皆さんも是非、何なら今日にでも人生を変えるきっかけを作ってみてください。行動をするには、勢いも大切です。

それでは今回の記事は以上になります。最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)