※生きがいがない高齢者の方にお勧めの活動とは?

人に生きている喜びを与えてくれるもの、それを人は生きがいと呼びますが、実は、そういう生きがいがない方って決して少なくないんです。

具体的には、過去に行われた調査において、そういう生きがいがないと答えた方は、どの年代を見てみても実に約3割~5割もいるということがわかっています。生きていく以上、何歳になっても人は生きがいを持っていたほうが絶対に良いですし、生きがいがないというのは本当につらいものがありますよね。

スポンサードリンク



特に高齢者の人の中には、なかなか1人では出かけることもできず、やることもなくて1日のほとんどを家の中で過ごすという方もいるかもしれません。このページをご覧になってくれている方の中には、そういうやることがなくて家でなんとなくパソコンやスマホを使ってこのページにたどり着いてくださった方もいれば、いつか高齢者になった時にどんな生きがいを持てばよいのか知りたいという方、はたまた、ご高齢である自分の親に生きがいを持ってもらうために、高齢者にお勧めの活動にはどんなものがあるのか知りたいという方など様々な方いるのではないかと思います。

そこで今回の記事では、ではその高齢者が生きがいを持って生きるために、お勧めの趣味や活動にはどのようなものがあるのか、詳しくまとめていきたいと思います。

高齢者で生きがいがない、そういう方にお勧めの活動とは?

高齢者、そう一言で言っても、実はこれはひとくくりにできるものではないんじゃないかなと思います。直接的な意味としては高齢者とは年齢が高い方のことを言うわけですが、そうはいっても、90代でもぴんぴんしてすごい元気な方もいれば、70代や60代でもちょっとあまり歩けないという方もいますよね。なので、高齢者といっても、その中でどんな活動が向いているかというのは人それぞれだと思うんです。

ただ、そういうことを踏まえてお話しいたしますと、私が思うに、高齢者の方が趣味や生きがいとするのに向いている活動には次のようなものがあるのではないかなと思います。

  • 旅行
  • 写真を撮ること
  • 絵画を書くこと
  • 読書
  • 執筆活動
  • ガーデニング・園芸
  • 囲碁・将棋
  • 動物を飼うこと
  • 釣り
  • インターネット
  • 軽いスポーツ(グラウンドゴルフなど)

他にも、あげようと思えばいくつかあるのですが、私がお勧めしたいというか、私がもし高齢者になったら趣味にしたい、生きがいにしたいと思うのがこのあたりです。

ただ、この記事をご覧になってくださっている方ってどういう方なんでしょう。もし、今80代や70代以上の方で、自らインターネットを使ってこのサイトをご覧になってくださっているのであれば、本当にそういう方ってすごいと思いますし、ネットが使えるのであれば、やれること、生きがいにできることはもっと増えると思います。それこそ、ネットを使って何かの作品を公開したり、執筆活動をするのも良いですしね。

ちなみに、先ほど説明した中でも私が特にお勧めしたいのは、絵画や執筆活動、写真を撮るといった創作活動です。そういうものって、どこかに出展したりして誰かに見せるものなので、とてもやる気をかき立てられるものなんじゃないかなと思うんです。

実際、私の知っている方で、高齢者になってから写真をとることにはまってしまって、自ら展覧会を開くほど作品を作っている方がいます。この人のように、人間は何歳になってからでもやる気次第でなんにでも取り組めますし、なんでも生きがいにできると思いますので、是非もしこの記事をご覧になってくださっている方にご高齢の方がいましたら、もう年だからなんて思わずに、新しいことにどんどんチャレンジしてみてください。

スポンサードリンク



後悔しない生き方を!何歳からだって、始めるのは遅くありません

先ほどの話の続きのようになりますが、私は、人間何歳からだって何かを始めるのは決して遅くはないと思うんです。

ちょっとこのテーマってとても難しいテーマだなあとここにきて思っているのですが、正直、高齢者でも若い人でも、本当に生きがいが欲しいと思ってこのページに来てくださっているのであれば、そういう人は絶対に明日から人生を変えられると思います。人生に、遅いなんてことは絶対にないんです。

ただ、だからといって80歳からだってプロのスポーツ選手になれるだなんていうつもりはありませんが、スポーツを始めるのはもちろん自由だと思います。ただ、80歳だからこそできるものというのも私はあると思いますので、そういうものに目を向ければ、私は人生ずっと生きがいを感じながら生きていけると思うのです。

例えば、執筆活動。私はそういうのって特に人生長く生きた方だからこそかけるものがあると思います。考えただけですごく面白そう。きっとそういうものを読んでみたい方って多いはず。実際に、ご高齢になってから本を出す人っていますしね。

ただ、あくまで私の個人的な考えなのですが、高齢者にとって、何が1番必要なことなのかというと、それは、生きがい云々じゃなくて人とのふれあいなんじゃないかなと最近よく思います。ここからの内容は、ご高齢者に向けてというよりも、そういうご高齢の親がいて、その親に生きがいを持ってもらいたいと思っているような方への内容です。

私も実家のそばに祖母が住んでいるのですが、祖父や周りの友人が最近どんどん亡くなってしまったので、最近あまり元気がないんです。それに、あんまり何かをやりたいという気力もないみたいで、母も心配で毎日祖母の顔を見に行っています。(祖母は母の姉と住んでいます。)

でも、そういう祖母が元気になるのが、私や他の親戚が祖母の家に集まった時や、祖母があまり会えない友人と集まって話した時なんですよね。

なので、そういうご高齢の方にとって、もしその人自身になにか始めてみたいと自分から思うようなことがないのであれば、周りの人が話し相手になってあげたり、どこかに連れて行ってあげたりというのが何よりの生きがいになると思うんですよね。すごく難しいところではあるんですが…

まとめ

今回の記事では、生きがいがないという高齢者の方にお勧めの活動にはどのようなものがあるのかまとめてみたのですが、ちょっと最後の方話の内容が変わってしまってすみません。

なので、ここで改めて私がお伝えしたかったことを伝えさせていただきますね。

まず、自らが高齢者であり、生きがいが欲しくてこのページをご覧になってくださったという方は、今回ご紹介したようないくつかの活動を参考にしつつ、どんどん色々なことにチャレンジしてみてください。何歳から始めても、遅いなんてことは決してありません。また、何かを始めるのであれば、1人で始めるのではなくて、そういう同じ年代の方が集まっているようなコミュニティに参加してみるのが良いんじゃないかなと思います。

また、それに対して、自らが高齢者というわけではなく、高齢者であまり生きがいがないというような自分の親に生きがいを持ってもらいたくて、このページをご覧になってくださった方にお伝えしたいのは、そういう高齢者の方には、周りの方が会いに行ったりしてあげることが何よりの生きがいになるではないかと私は思います。

ただ、こういう部分は本当に難しいところなので、何とも言えない部分がたくさんあるのですが、そもそも、そういうご高齢の親が近くにいないとなかなか会いに行くのも難しかったりするかもしれませんし…

本当は、何かを始めてみたいというご高齢の方だけに向けてメッセージを書こうと思ったのですが、そうではなくて、親に生きがいを持ってほしくてページを見てくださって方もいるんじゃないかなと思ってつらつらと書かせていただきました。何か、少しでも参考になる部分があれば良いなと思います。

長くなってしまいすみません。最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)