※Galileo Galileiのおすすめの曲、1位はやっぱりこれなんだよな…

高校生以下限定のバンド甲子園「閃光ライオット」で初代王者となり、その後「ハマナスの花」という曲でメジャーデビューを果たした「Galileo Galilei」というバンドを皆さんはご存知でしょうか?(*^-^*)

検索からこの記事にたどり着いてくださった方はもちろん知っていると思いますが、このブログを通じてこの記事に来てくださった方は、このバンドについてあまりよくは知らないという方もいるかもしれません。

このGalileo Galileiというバンド、私が大好きなバンドの1つなのですが、2016年の10月11日の武道館公演をもって、その活動にピリオドをうち、解散してしまいました。

スポンサードリンク



解散するときは、なんだか時代の流れを感じてさみしくなってしまいましたが、解散してしまった今でも、私はこのGalileo Galileiの楽曲をよく聴きます。特に、私はこのGalileo Galilleiのメンバーが、まだ高校生だった頃に作った曲が、今でもずっと大好きなのです(´▽`*)

ということで今回の記事では、そのGalileo Galileiの楽曲の中で、私がおすすめの曲をご紹介したいと思います。是非参考にしてください。

Galieo Galileiのおすすめの曲がこちら!もう、何回聴いたかわかりません…

Galileo Galileiはこれまでに沢山の曲をリリースしていますが、そんな数ある曲の中で、私が1番好きでおすすめしたいのが、Galileo Galileiが本当に初期のころに作った「管制塔」という曲です。

Galileo Galileiは2008年に日本で初めて行われた音楽甲子園、閃光ライオットで初代王者になったのですが、その大会で、この管制塔を歌っていました。

この曲を初めて聴いたとき、私はもうこの曲にどはまりしてしまって、というか今でもすごくよく聴きます(´▽`*)高校生らしさが存分に出ていて、なんていうか、すっごく良いんですよ←笑

私はこの曲を聴くと、その始めて衝撃を受けたころのことを今でも思い出して、すごく懐かしくなります。

ちなみに、この管制塔という曲は、Galileo Galileiがメジャーデビューしたのちに、アコースティックバージョンとして再度リリースされました。その公式動画が、以下のものになります。

ちなみに、この管制塔という曲は、その曲をモチーフにした映画が制作されたので、それに合わせて、アコースティックバージョンがリリースされたのです。

でも、私が好きなのはこの「アコースティックバージョンの管制塔」ではなくて、1番はじめに作られた、「ロックバージョンの管制塔」なんです。アコースティックバージョンの管制塔とは全然雰囲気が違いますし、こんなこと言ってはなんですが、私個人的には断然ロックバージョンの方が良いんですよ…!

もしかしたら、今アコースティックの管制塔を聴いてみて、そんなに好みではなかったという方も、ロックバージョンの方を聞いたら、絶対「良い!」と思うと思います。高校生が作ったと考えると、マジで鳥肌もんです。そのくらい、当時の私(私は中学生くらいでした)にとっては衝撃でしたね(´▽`)

でもその曲(ロックバージョン)、youtubeに公式にアップされていないですし、何より超初期、メジャーデビューする前の曲なので、それが収録されているCDも限られてくるんですよね。

ちなみに私は、この管制塔をどうしてもipodに入れて聴きたくて、それが収録されているCDをネットで購入しました。(TSUTAYAになかった…笑。多分今もないかも)

そして、その時に買ったのが、「雨のちガリレオ」というアルバムになるのですが、買って正解でした。なんでかというと、そこに収録されてる曲は管制塔以外のやつも皆良かったんですよね!ただ、友人に貸したら、そのまま返ってきませんでした(´▽`)笑

この「雨のちガリレオ」、まだ聴いたことがないという方は、是非おすすめなので聴いてみてほしいです。また、CD自体も1500円くらいと安いので、TSUTAYAとかにおいてなかったら買うのもありです。

また、その管制塔だけだったら、「車輪の軸」というアルバムにも収録されているみたいです。こっちは普通にTSUTAYAとかにも置いてあると思いますので、是非借りて聴いてみてください(*^-^*)

とりあえず、最近良い曲ないかな~と思っている方には、ロックバージョンの管制塔を是非聴いてみてほしいんです。私の大好きな曲なので!

スポンサードリンク



管制塔以外でおすすめの曲がこちら!

また、管制塔以外では、「夏空」も大好きなの1つです。

その夏空のPVがこちら↓この曲は、「大きく振りかぶって」という野球漫画のOPテーマ曲として起用されたので、2番はそのアニメに合わせたかのような歌詞になっています。

ただ、私の個人的な意見なんですが…

実はこの曲、アニメのOPに起用される前に一度ショートバージョンがリリースされているのですが、その時のバージョンの方が、いまだに好きなんですよね。

でも、そのバージョンは期間限定の配信版しかリリースされなかったのと、youtubeにアップされてたPVももう削除されてしまっているので、今となっては聴く術がありません(;_:)マジで悔やまれる…

実は、Galileo Galileiはメジャーデビューする際に、メンバーが1人抜け、閃光ライオットで出会った別のメンバーを加えてからメジャーデビューしたのですが、配信限定の「夏空」は、メンバーが抜ける前の初期メンバーの時にレコーディングされたやつなんですよね。

なので、そのメンバーが入れ替わり、メジャーデビューして正式に夏空がリリースされてからは、最初にリリースされた限定版の夏空はもう無かったもののようになっているのです。なんて残念なんだ。どうにか聴きたいけど、もう聴けないんだろうな…

ただ、もちろん正式にリリースされた方の夏空もめっちゃ良いんですけどね!私もバンドやってたので、一度コピーしました。Galieo Galileiは名曲も多いので、解散してはしまいましたが、本当に沢山の名曲を残してくれたことに感謝したいです(*^-^*)

まとめ

今回の記事では、私の好きなバンドであるGalileo Galileiについてご紹介しますとともに、そのGalileo Galileiが残した曲の中で、私がおすすめのものをご紹介させていただきました。

Galileo Galilei、すごく好きだったんですが、なんで解散してしまったのか(._.)

4人でバンド活動をしていたころの初期メンバーである船谷さんという方が抜けてからは、メンバーの加入と脱退が何度かあり、最終的には船谷さんを除く3人の初期メンバーで活動していたみたいですが、そうこうしているうちに色々と疲れてしまったのだろうか…

でも、私はGalileo Galileiが若さあふれるキラキラした曲を沢山作っていたことをきっと忘れません。

メジャーデビューしてからは音楽の路線を変えていったような印象も受けたのですが、私は初期のころに作っていた曲がとても好きでした。なので、そのころの曲を特に皆さんにも聴いてみてほしいです。

管制塔のロックバージョンの他は、ハローグッバイも良いですし、Swallowも良いですし、僕から君へとかも良いです。PIXIEもMonday7sも好きでした。ほぼ初期笑

Galileo Galilei、あまり聴いたことがないという方は是非聴いてみてくださいね(*^-^*)それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)