※LINEスタンプの作成方法と作成費用が気になる方へ!

スマホを持っている方ならばそのほとんどの方が、メッセンジャーアプリ「LINE」を使っていると思うのですが、そのLINEを使っているのであれば、LINEスタンプを使ったことがないなんて方はおそらくいませんよね(^^)

LINEには初めからLINEオリジナルキャラクターのスタンプが入っていますが、中には色々な方が作成している「クリエイターズスタンプ」を購入して使っているという方も多いでしょう。個性的なスタンプが沢山ありますし、かくいう私もこれまでに欲しいスタンプをいくつも購入したことがあります。

また、そういったオリジナルのスタンプを自分でも作ってみたいな~とも思い、色々な情報を調べて、実際にオリジナルのLINEスタンプをいくつか作ってみました。私が作ったのは「しゃべるマシュマロ」というシリーズなのですが、ちょっと使いどころが独特なスタンプをまじえつつ作ってみました笑。ちなみに、上の画像はそのスタンプのうちの1つで、おばあちゃんの口癖です(^^)笑

スポンサードリンク



LINEスタンプを作るにあたって、最初は私も作ってから申請するまでの過程でつまずく部分もいくつかあったのですが、何とか申請をクリアして、販売までできるようになりました(´▽`)。

そこで今回の記事では、その経験生かし、私もLINEスタンプを作ってみたいな~というような方のために、その作成方法や、作成費用に関する情報についてまとめていきたいと思います。

LINEスタンプの作成方法とは?

LINEスタンプの作成方法は、正直色々な方法があると思います。タブレットに直接絵を描く方法や、絵を描いて、それを画像として取り込む方法などなど。パソコンで編集作業を行うという方もいるようです。

私も、最初に作るときにはずいぶん色々な作成方法を調べたのですが、最終的には、紙に絵を描いて、それをスマホのアプリで画像として取り込んで、他のアプリも使いながらスタンプにしていくという方法にたどり着きました。この方法で作っていけば、無料のアプリだけを使って、スマホだけでLINEスタンプを作成することができます。

また、この作成方法においては、人によっては紙に絵を描く作業さえ必要ありません。というのも、私は紙に描く方が描きやすいのでその方法で作っているのですが、この作成方法の途中で画像に色を付けたりするために使う「ibisPaint X」という無料アプリは、そのアプリの中で絵を描くこともできるためです。

そのため、アプリ内で絵を描くことに慣れている方や、とりあえず簡単なものでも良いから作ってみたいという方は、本当にスマホのアプリだけを使ってLINEスタンプを作る方法が可能です。

では、実際どのようにして作るのかということですが、その詳しい作成方法については、画像付きで以下の記事で詳しくまとめました。もしこれからLINEスタンプを作ってみたいという方は、是非一度ご覧になってみてください。

【※保存版※】スマホのアプリを使ったLINEスタンプの作り方とは?

LINEスタンプの作成費用について

LINEスタンプの自作に挑戦してみたいという方の中には、どうやらその作成費用について気になっている方もいらっしゃるようなので、それについても説明しておこうと思います。

結論から申し上げますと、LINEスタンプは、基本的には作成費用はかかりません。特に、私がこのブログで紹介している方法で作れば、作成費用がかかるようなことはありませんのでご安心ください。

しかし、LINEスタンプは、作ったからといって、その作者はそれを無料で使えるかというと、そうではないのでその点はご注意ください。具体的には、LINEスタンプを審査に出すときに、その作者はその販売価格を「120円、240円、360円、480円、600円」の5通りから選ぶことができるのですが、作者であったとしても、実際にそのLINEスタンプを使いたいとなったら、自分が定めた値段を支払って、それを買わなければなりません。

なので、自分が使うという前提でLINEスタンプを作るのであれば、最低でも120円は後々支払わなければならないということは覚えておいてください。作成費用ではありませんが、結論としてはそれを使うとなったらお金は払わなければならないということですね。

ただ、この辺りについては現時点で不満の声も結構出ているようなので、そこをLINE側が今後どのような対応をしてくるのかというのは気になるところです。

ちなみに、LINEスタンプの作成方法について調べてみると様々な作成方法が検索にヒットするのですが、その中には作成費用がかかってしまうような方法も存在しています。

例えば、「Shuttle Sticker」というアプリを使った方法がまさにその1つなのですが、このアプリはそれ自体は無料でダウンロードできるのですが、最後にスタンプ画像を出力するときに、480円もかかるそうです。いつも作成費用をかけずに作っている私からすると非常にもったいないです(;^ω^)

このアプリの公式動画が以下のものになるのですが、もともとLINEスタンプを作るために作られたアプリ?のようです。

でも、もう1度言いますが、しっかりと手順を踏んで、いくつかのアプリを使えば、作成費用をかけずに作ることができますので、もしこれからLINEスタンプを作ってみたいという方は是非そちらの方法でチャレンジしてみてください(´▽`)

スポンサードリンク



簡単にLINEスタンプが無料で作れると噂の「LINE CREATORS STUDIO」について!

皆さんは、「LINE CREATORS STUDIO」というアプリをご存知でしょうか?これは、LINEスタンプを簡単に作ることができるアプリとして、LINEが公式に発表したアプリになります。

これが発表されたのは2017年の6月ころとつい最近のことなのですが、これについて気になっている方もおられるようですので説明しておきますと、このスタンプは写真などを簡単にLINEスタンプにしたいという方には向いているアプリですが、自分で絵を描いてスタンプを作ってみたいという方にはそんなにお勧めできません。

というのも、「LINE CREATORS STUDIO」は確かにそのアプリの中に絵を描く機能も付いているのですが、すごく基本的な機能(ペンと消しゴム、ペンの色を変えるくらい)しかついておらず、塗りつぶしの機能などが付いていませんので、スマホの画面に絵を描いて作りたいとなったら全然機能が物足りないです。

なので、スマホの画面に絵を描いて作りたいなら、「ibisPaint X」を使った方が良いでしょう。もちろん、ほかにもっと絵を描きやすいアプリがあればそれでもかまいません。

後、その「LINE CREATORS STUDIO」の公式説明動画が以下のものになるのですが、正直この動画の中のように、LINEスタンプがあっという間にできて、それをすぐに使えるということはあり得ません(;^ω^)

LINEスタンプは、制作→審査→販売というような流れになるのですが、その審査で、今は1か月近く待つこともあるようです。この動画を見た後だと、「そんなにかかるのかよ…!」と思わず思ってしまいそうになりますが、私も確か1番最初はそのくらい待った気がしますし、以前は4か月も待ったなんて方もいたそうなので、そのころに比べるといくらかは改善しているようです。

ただ、作るからにはそのあたりのことも覚えておくと良いのではないかと思います。早く使いたい方からすると遅いな~と感じると思うのですが、LINEツムツムでもやりながら気長に待ちましょう(´▽`)笑

まとめ

今回の記事では、LINEスタンプの作成方法や、LINEスタンプの作成費用に関する情報などについて詳しくまとめてみました。

具体的な作成方法の流れは別記事にてご紹介していますので、作ってみたい方はそちらをご覧になってみてください。

私も最初はLINEスタンプを作るのに色々つまずきましたが、実際に自分が作ったスタンプを使えるというのは感動しますし、作って良かったな~と思いました。1度作って慣れてしまえば、2つ目、3つ目を作るのも難しくないと思いますので、是非皆さんもLINEスタンプの自作にチャレンジしてみてください。

今回の記事は以上になります。最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)