【※ストップ※】LINEスタンプの値段の設定について!

一般の方でもLINEスタンプが作れるサービス「LINE Creators Market」が発表されたのが2014年の2月のことなので、2018年をまもなく迎える今、そのクリエイターズスタンプの登場から既に4年が経とうとしているわけですが、そのスタンプ市場は、実は年々拡大していっているということを皆さんはご存知でしょうか?

LINEスタンプはもう稼げないなんて言葉を色々なところで見たり聞いたりしていたのですが、それは、初心者が今から始めるのはなかなか難しいということを言っているだけであって、LINEスタンプ自体の需要が少なくなってきてしまっていたり、トップの方にいても稼げなくなってきているというわけではないんですね。

むしろ、トップクリエイターの方々の売り上げは年々増加してきており、なんと2017年のトップ100位までの平均売り上げは、3000万円以上にもなる見込みなんだそうです(;^ω^)平均ですよ!やばくないですか?笑

スポンサードリンク



ちなみに、トップ10位までの平均売り上げは、2016年の時点で2億円を突破したそうな…つまり、1番トップの方は3億とか4億とか売り上げているんでしょうね_(:3」∠)_。100万円くらいくれないかな…笑

LINE自体が国外でもどんどん普及してきているということもあり、このLINEスタンプ市場は今後さらなる拡大が予想されているわけですが、そういう市場で勝負していくためにも、LINEスタンプの値段の設定って結構重要だと私は思います。

そこで今回の記事では、今後LINEスタンプの人気クリエイターになるならどうしたらよいのか、値段の設定に触れながら考察していきたいと思います(*^-^*)

LINEスタンプの値段の設定について!値段はいくらに設定すべきなのか?

既にLINEスタンプを作ったことがあるという方はもうご存知だと思うのですが、LINEスタンプは、クリエイター側がその値段を設定することができます(´▽`)

具体的には、120円、240円、360円、480円、600円という5段階から値段を設定でき、自分の好きな価格でそのスタンプを販売することができるのです。

なので、LINEスタンプを作ってみたい、または作ってみたという方の中には、その値段設定をいくらにするべきなのかと考えている方も少なくないでしょう。結論としては、LINEスタンプの値段は「120円」または「240円」に設定している方が大多数で、それ以上の360円、480円、600円という値段は見たことがないので、設定しない方が良いでしょう(・_・;)

そもそも、今は無料でダウンロードできるスタンプの中にも可愛いものはたくさんありますからね。その中で値段を360円以上に設定するというのは、なかなかリスクが高いですし、よほどの魅力がないと買ってもらえないと思います_(:3」∠)_

スタンプショップを覗いてみた感じだと、スタンプの値段はほとんどが120円であり、動くスタンプは240円で販売されているというような感じでした。最近では、その動くスタンプの種類も増えてきていますよね(´▽`)ただ、普通のスタンプよりはやはり数が少ないので、勝負をかけるならこの動くスタンプの制作に挑戦してみても良いかもしれません。

ちなみに、この120円という値段、「LINE STORE」というところから見るとそのまま120円として販売されているのですが、「アプリ内スタンプショップ」では「LINEコイン」というコインをチャージしてスタンプを買う仕組みになっていますので、クリエイター側が設定した120円は、アプリ内スタンプショップで表示されている50コインという値段に相当します。(スタンプが買える場所には「LINE STORE」と「アプリ内スタンプショップ」の2か所があるんですね~)

つまり、アプリ内スタンプショップで「50LINEコイン」で販売されているものは、クリエイター側が120円で設定したものであり、ここで「100LINEコイン」で販売されているものは、クリエイター側が240円に設定したものということですね。

トップクリエイターの方でさえ良心的な値段を設定していますので、LINEスタンプにおいては、360円、480円、600円という設定はあって無いようなものと考えて良いでしょう(´▽`*)120円に設定するのが無難という感じですね!

スポンサードリンク



「LINE STORE」と「アプリ内スタンプショップ」、購入されたときの報酬に違いがある件について!

先ほど、LINEスタンプを買える場所には「LINE STORE」と「アプリ内スタンプショップ」の2か所があるといったのですが、実は、どちらで買われたのかによって、クリエイターに入ってくる報酬に違いが生じます。

例えば、クリエイター側がその値段を120円に設定したとき、「LINE STORE」でそのスタンプが購入されると42円がその報酬としてクリエイターに入ってくるのですが、「アプリ内スタンプショップ」で購入されたときには、31円しか入ってこないのです。

ちなみに、最初の42円という値段は、120円の35%に相当します。今ではLINEスタンプの売り上げの35%がクリエイターの取り分になるという風に定められていますので、この42円という値段は特に何も考える必要はないのです。一応書いておきますと、120×0.35=42円ということですね。

じゃあ、31円てなんやねんという話になるのですが、実はLINEコインという仮想通貨は1LINEコイン=1円ではありません。そして、いろいろ考慮すると、その1LINEコインは、円換算すると1.76円の価値があるそうなんです。

つまり、50LINEコインという値段は、実質1.76×50=88円という値段で販売されているということになるらしいです。つまり、たとえクリエイター側がその値段を120円に設定したとしても、「アプリ内スタンプショップ」ではそれが88円で販売されているということになるんですね。

なので、実質動くお金は88円ですから、88×0.35=30.8≒31円ということになり、クリエイター側には31円がその報酬として入ってくるみたいです。

私もいつも120円で販売しているのですが、31円の時と42円の時があったので、なんでだろうな~と思ったら、そういうことらしいのです。この先LINEスタンプを作りたいと考えている方は是非参考にしてください(*^-^*)

また、ただの宣伝ですが笑、私が作っているスタンプは「こちら」でご覧いただけますので、是非覗いてみてください(´▽`*)

また、このブログではスマホの無料アプリだけを使ったLINEスタンプの作り方についてご紹介していますので、興味がある方は是非そちらもご覧になってみてください。

【※保存版※】スマホのアプリを使ったLINEスタンプの作り方とは?

まとめ

今回の記事では、LiNEスタンプを色々あ方に買ってもらうために、LINEスタンプの値段の設定はいくらにするべきなのかということについてまとめました。

結論としては、動くスタンプなら240円も妥当ですが、普通のスタンプであれば120円にするのが無難なようですね。中には、普通のスタンプでも240円設定にされているものもありましたので、そこは皆さんの自信次第です!笑

また、今後LINEスタンプ制作に取り組んでいくのであれば、その宣伝サイトを利用していくのは必須です。その宣伝サイトに関する情報は以下の記事で詳しくまとめています(´▽`*)

※2018年版!知っておきたいLINEスタンプの宣伝サイトがこちら!

それでは今回の記事は以上になります。最後まで読んでいただきありがとうございました(*^-^*)

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)