※LINEスタンプの制作代行について!制作費はどのくらい?

「LINEスタンプはもう稼げない」最近よくそういう言葉を見たり聞いたりしていたのですが、その言葉とは裏腹に、実はLINEスタンプ市場自体は年々どんどん拡大し、その売り上げもすさまじいものになってきているんです。

具体的には、一般の方がLINEスタンプを作れるシステム「LINE Creators Market」が発表された2014年のLINEスタンプの総売り上げは124億円だったそうなのですが、なんと今年2017年はそれが428億円にもなる見込みなんだそうです。しかも、上位100位までのクリエイターの平均売り上げは3000万円以上にもなると予想されている他、トップ10位だけを見てみるとその平均売り上げは数億円にもなるそうです。すごいことですよね( ゚Д゚)

スポンサードリンク



しかし、そのLINEスタンプ市場は、売り上げの増加に伴い、そのクリエイターの数も増加していると考えて良いでしょう。つまり、「LINEスタンプはもう稼げない」というのは、今からその参入してもなかなか勝ちづらいということを言っているということなんですね。そして、稼げないどころか、トップの方の収入は年々増加しているんだそうで、つまりは、クリエイターは「稼げる人」と「稼げない人」の2極化が激しいということなんですね。

じゃあ、今からその市場に参入して勝ち目はあるのかと思う方も多いと思うのですが、そこで考えても良いのが、「制作代行」という手段ですね。今まで実績のある制作代行企業にスタンプの制作依頼をして、「勝てるスタンプ」を用意して市場に乗り込んでいくというわけです。

しかし、制作代行に依頼するということは、当然制作費もかかってきます。そこで今回の記事では、LINEスタンプの制作代行にについて詳しくまとめますとともに、その制作費について詳しくまとめていきたいと思います(´▽`*)

LINEスタンプの制作代行について!制作費はどれくらいかかるの?

LINEスタンプの市場が拡大していく中で、そのスタンプの制作代行をしてくれる企業も登場しました。そして、そういう企業の中で、特に大手といえるのが「STAMP FACTRY」と「STAMP CREATION」という2つの企業です。

どちらも、制作代行をしてくれる企業という意味では同じなのですが、そのプランにはいくつか違いもあります。しかし、基本的なコースである「スタンプ制作」のプランはどちらも費用は同じで、どちらも制作費「98000円」からその注文を受け付けているようです。【※「STAMP FACTRY」は今だけ半額の49000円で受け付けているそうです。】

また、最近登場した「動くスタンプ」の制作費が「198000円」であったり、「STAMP CREATION」の方には、上位30位を目指すために、宣伝まで力を入れて取り組んでくれる「400000円」のコースが用意されていたりします。桁間違えないでくださいね(;^ω^)40万円です。

流石にこれは企業向けのサービスなのかな~と思うのですが、もちろん個人で利用することも可能です。制作代行サービス、なんとなく話を聞いた限りでは、非常に高額な制作費がかかるし、利用する価値があるのかと思う方も少なくないと思うのですが、正直、その価値は十分あるといっても良いようです。

というのも、2017年の初め、LINEが公式に発表した2016年度の上位100位までのクリエイターの中に、「STAMP FACTRY」で制作代行をしてもらった方が12人も選出されたんだそうです。これがもし本当ならすごいことですよね(´▽`)仮に、制作費98000円のコースで制作代行をしてもらっていたとしても、これだけ上位に食い込んでいたら、その分はチャラどころかかなりのプラスになっていることが予想されます。

また、そう言う部分を考えてみると、普通のスタンプの制作代行よりも、動くスタンプの制作代行の方が試してみる価値はあるといえるかもしれません。制作費は20万円ほどかかりますが、普通のスタンプと比べるとまだ数が少ないですし、勝てる見込みは結構あるのではないでしょうか。

敵がたくさんいる以上、そういう制作代行サービスを使えば必ず上位に行けるかどうかという部分は正直誰にもわからないと思いますが、全くの初心者がその市場に参入していくのであれば、自分で挑戦するよりは絶対にその可能性は高くなると思いますので、高い制作費をかけてでも試してみる価値はあるのかもしれません。

しかも、プランによっては外国語版も作ってくれるみたいですしね。今後はLINEの海外での普及が進んでいくようなので、外国語版の制作も非常に重要なのですが、これも個人では少し難しいところといえるかもしれません。

制作費は決して安くありませんが、本当に上位に行きたいのであれば、制作代行サービスは試してみる価値があるといってもいいのかもしれません。この制作代行サービスについて気になる方は、是非一度公式HPの方をご覧になってみてご検討してみてはいかがでしょうか?(´▽`)

スポンサードリンク



自分でLINEスタンプを作ってみたい方へ!

LINEスタンプの制作代行サービス、使ってみたいけどその制作費がちょっときついな~という方は、是非一度自分でLINEスタンプを作ってみてはいかがでしょうか?(*^-^*)

ちなみに、私もこれまでにLINEスタンプを何種類か作ってきたのですが、自分で作る分には、今では制作費がタダで作ることができちゃうんです。スマホの無料アプリだけを使ってLINEスタンプを作ることができちゃいます。

先ほどは、LINEスタンプで上位を目指したいなら制作代行サービスもありという話をしたわけですが、そういうトップクリエイターの中には、もちろん自分でスタンプを作っている方もたくさんいるわけです。なので、自分で作ってみても、有名クリエイターになれる可能性は0ではありません。ただ、その場合は自分でしっかりと宣伝まで行っていくことも重要になってきますけどね!

とはいえ、LINEスタンプ制作は、稼げる稼げないにかかわらず、とりあえずそれを作ること自体が楽しいので、まだ作ったことがなくて、興味がある方にはすごくお勧めです。

では、実際そのスタンプはどうやって作るのかということなんですが、その詳しい作り方は以下の記事で詳しくまとめていますので、興味がある方は是非一度ご覧になってみてください。

【※保存版※】スマホのアプリを使ったLINEスタンプの作り方とは?

また、先ほど宣伝が大事という話をしましたが、今後LINEスタンプを作って、それを色々な方に知ってもらいたいなら絶対に知っておきたい宣伝サイトに関する情報は以下の記事でまとめていますので、こちらも併せて読んでみてください(*^-^*)

※2018年版!知っておきたいLINEスタンプの宣伝サイトがこちら!

まとめ

今回の記事では、LINEスタンプの制作代行サービスについてご紹介しますとともに、その制作費に関する情報についてまとめました。

LINEスタンプの制作代行サーボスには高額の制作費がかかりますが、そういう企業は確かな実績があります。また、どういうスタンプが流行るのかという部分についても豊富な情報を持っていることが予想されますので、利用してみる価値は十分にあるのではないでしょうか?

もし気になる方は、まずは問合せだけでもしてみてみるといいかもしれませんね(´▽`*)

それでは今回の記事は以上になります。最後まで読んでいただきありがとうございました(*^-^*)

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)