紙、鉛筆、スマホを使ったLINEスタンプの作り方をご紹介しています。

★☆ライスタ☆★

※LINEスタンプの制作代行について!制作費はどのくらい?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

「LINEスタンプで本気で稼ぎたい!」

「人気のクリエーターになりたい!」という場合や、

企業のPRなどのためにLINEスタンプが必要になった場合、制作代行を利用する方も多いようです。

制作代行は、自分でスタンプを作る必要がないというのが最も大きなメリットですが、

様々なスタンプをリリースして得た経験をもとに、

使いやすい、売れやすいスタンプを作ってくれるため、実は利用してみる価値は十分にあるサービスです。

そこで今回の記事では、実際に制作代行を頼むとその制作費はいくらくらいかかるのか詳しく解説いたします。

スポンサードリンク



LINEスタンプの制作代行について!制作費はどれくらいかかるの?

LINEスタンプの市場が拡大していく中で、そのスタンプの制作代行をしてくれる業者も登場しました。

そして、その中で最大手といえるのが

「STAMP FACTRY」です。

「STAMP FACTRY」は、これまでに何人もの人気クリエーターを輩出してきた実績を持っており、

2016年度の上位100位にランクインしたクリエーターのうち、なんと12人もの方が、この「STAMP FACTRY」で制作代行サービスを利用した方だったそうです。

こう聞くと、今すぐにでも制作代行を利用してみたくなりますが、

その制作費は決して安くなく、

具体的には、プランごとに以下のような制作費がかかります。

プラン(種類) 制作費
一般的なLINEスタンプ 98,000円
動くスタンプ 198,000円
レベニューシェアプラン(売り上げを折半) 49,800円

※公式サイトを見ると、一般的なLINEスタンプの制作費に関する説明として「半金の49,000円にて受付制作いたします」と書いてありますが、それは着手金のことで、その後またサンプルの確認後に49,000円の支払いが必要となります。

動くスタンプの制作費20万円というのは、なかなか個人ではお願いする勇気は出ませんね…!

一般的な静止画のスタンプは、現在は半額の98,000円で作業を請け負ってくれるとのことですが、これもなかなか簡単に出せる金額ではないと思います。

ちなみに、一般的な静止画のスタンプは、そのほとんどが120円(50LINEコイン)で販売されていますが、

98,000円を損しないためには、2400個くらいは販売しないと損になってしまいます。

これは実際かなり大変なことですので、もし制作代行をお願いしたとしても、必ず利益が出るかというとそうではないと考えておいた方が良いでしょう。(現在市場には、1つも売れずに埋もれていくスタンプも沢山あります。)

※LINEスタンプの売り上げについて
LINEスタンプの販売は

  • LINE STORE
  • アプリ内スタンプショップ

の2か所で行われており、

クリエーターが価格を120円に設定して販売した場合

LINE STOREから購入された場合は42円、アプリ内スタンプショップから購入された場合は31円が報酬としてクリエーターに支払われます。

>>>詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ただ、「STAMP FACTRY」で制作代行をお願いした場合、申請の手順までサポートしていただけるほか、販売ノウハウが収録されたマニュアルもいただけますので、そういう意味では98,000円でも利用してみる価値は十分にあると思います。

>>>公式サイトはこちら

スポンサードリンク



自分でLINEスタンプを作ってみたい方へ!

LINEスタンプの制作代行サービスは確かに魅力的ですが、もし単に趣味の範囲で作ってみたいという方は、是非自分でLINEスタンプを作ってみましょう。

現在は、写真などを簡単にLINEスタンプにすることが出来る無料アプリ

LINE CREATORS STUDIO」も登場したため、LINEスタンプ制作のハードルはぐっと低くなりました。

LINE Creators Studio

LINE Creators Studio
無料
posted with アプリーチ

このアプリの特徴については、以下の公式動画を参考にしてください。

こういったアプリを利用して自分でスタンプを作れば、もちろん制作費はかかりません。

ただこの「LINE CREATORS STUDIO」は、絵などをスタンプにするのにはあまり向いていないのですが、

当サイトでは、スマホの無料アプリを使った別の制作方法をご紹介していますので、興味がある方は是非そちらをご覧になってみてください。

>>>LINEスタンプの作り方がこちら

また、LINEスタンプの宣伝サイトに関する情報についてもまとめていますので、是非そちらもご覧ください。

>>>LINEスタンプの宣伝サイトがこちら

まとめ

今回の記事では、LINEスタンプの制作代行サービスの紹介と、その制作費について解説しました。

LINEスタンプの制作代行は確かにかなり高額ですが、それだけの実績がありますし、実際スタンプ画像を40枚すべて代行してもらえるというのはかなりありがたいサービスです。

個人で頼む方は中々いないかもしれませんが、

LINEスタンプ制作に興味があり、お金にかなりの余裕がある方は是非試してみてはいかがでしょうか?笑

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© ★☆ライスタ☆★ , 2018 All Rights Reserved.