※2018年版!LINEスタンプが売れない方はこちらをご覧ください!

LINEスタンプを作ってもなかなか売れない、そういう悩みを抱えている方は少なくないと思います。

特に、自分が自信をもって売り出したLINEスタンプが売れないなんてことになると、ショックも大きいですよね。もしかして、良いと思っているのは自分だけなのかな_(:3」∠)_…なんて落ち込んでいる方もいるかもしれません。

初めてLINEスタンプを作った方からすると、販売ボタンを押して、自分の商品が実際に「LINE STORE」に並ぶだけでも、売れるかな…!とドキドキすると思うのですが、正直、間もなく2018年を迎える今日この頃、ただスタンプを作って販売しただけでは、ほぼ間違いなくそのスタンプは売れないです。どんなに自信作でも、なかなか難しいと思います(;^ω^)

スポンサードリンク



LINEスタンプを作ってただ販売すれば売れる時代はもうほぼ終わってしまいました。それだけ、クリエイターの数と、スタンプの数が増えてしまったのです。2018年以降、LINEスタンプの人気クリエイターになるためには、スタンプを販売後の宣伝に力を入れることが必須です。

そこで今回の記事では、LINEスタンプがなかなか売れないという方のために、2018年、人気クリエイターになりたいなら絶対に知っておきたいLINEスタンプの宣伝サイトについてご紹介していきたいと思います。(*^-^*)

LINEスタンプが売れない方へ、2018年絶対に押さえておきたい宣伝サイトがこちら!

さらっと言いましたが、今ではLINEスタンプをPRしたい方のための宣伝サイトというものがあり、しかも結構色々なサイトがあるんです。

そういうものを紹介しているブログなども結構あるのですが、いざ調べてみると、今の時点ですでに閉鎖されてしまっていたり、サイト自体は普通にあるのに使えなくなってしまっているサイトなどもいくつかあったりします。

特に、LINEスタンプの宣伝サイトとして老舗といわれる「Stampers」というサイトは、サイトへの会員登録は普通にできるのに、画像がアップロードできないという状況になっていました。実際、このサイトがどんなサイトなのか知るために先日自分で登録してみたのですが、何度やっても画像がうまくアップロードできなくて、よく調べてみたら、結構前からそんな状況が続いているみたいなんです。なので、このサイトは今の時点で使うことはお勧めできません(・_・;)…

そんなわけで、大規模のサイトから比較的小規模のサイトまで、色々と見て回った結果、2018年以降LINEスタンプを制作するなら絶対に知っておきたいサイトを4つ絞りこみました。そのサイトを紹介していきたいと思います。

1:STAMPOO

まず1つ目にご紹介するのは、「STAMPOO」という宣伝サイトです。内部がすごく見やすいですし、「LINE STORE」の自分のスタンプの販売ページのURLを入力するだけで簡単にスタンプ登録できてしまいます。

また、このサイトはクリエイターとして会員登録して利用するサイトなのですが、このサイトを通じてLINEスタンプ登録をし、その上でツイッター連携登録(自分のツイッターアカウントが必要です)すると、「PR Creators Stamp」というツイッターアカウントに定期的にそのスタンプを紹介してもらえるみたいです。このツイッターアカウントはフォロワーが9000人近くいるアカウントなので、そこで紹介してもらえるというのは大きいです(´▽`)

もちろん、STAMPOOのサイトでもスタンプを紹介してもらえます。この先LINEスタンプを制作するなら、この宣伝サイトは絶対に登録しておいた方が良いでしょう。1番のお勧めサイトです!

2:LINEスタンプ宣伝部長Z

次にご紹介する宣伝サイトは、「LINEスタンプ宣伝部長Z」というサイトです。運営者が薄毛に困っているらしく、はげネタがサイトの色々なところに書いてあります笑。

先ほどのSTAMPOOのように会員登録は必要なくて、「LINEスタンプ宣伝&募集項目」というところから、必要情報を明記の上でスタンプの紹介依頼を申請するかたちになっています。

一定期間しか紹介してくれないようなサイトもある中で、この「LINEスタンプ宣伝部長Z」は、半永久的にサイトとツイッターアカウントでスタンプを紹介してくれるそうです!ここも絶対に利用した方が良いでしょう(*^-^*)

なお、紹介依頼をするときには、横幅500~600ピクセルの画像が必要になります!

3:LINEスタンプマニア

次にお勧めなのは、「LINEスタンプマニア」というサイトです。ここも会員登録は必要なくて、「推薦スタンプ」という項目からスタンプの紹介依頼をする流れになります。

この「推薦スタンプ」の項目からスタンプ登録をすると、まずは3日間くらいそのスタンプが紹介され、その間に「いいね」されたり、コメントがついたりすると、表示期間が延長されるという形になっているようです。

中には、「推薦終了まで6865日3時間37分です」と書いてあるようなスタンプもあり、いいねやコメントが沢山つくとず~っと紹介してもらえるみたいです(´▽`)!ここも押さえておきましょう!

また、推薦登録したスタンプには、個別に「応援URL」のようなものが割り振られ、それをクリックされることによっても推薦期間が延長されるみたいです。なので、そのURLを友人などに送ってぽちっとしてもらうなどの対策をしましょう(*^-^*)

4:スタンプ探偵はん子ちゃん

また、「スタンプ探偵はん子ちゃん」というサイトもおすすめです。

サイトが良く作りこまれていて、非常に見やすいです(´▽`)このサイトも、会員登録制ではなくて「スタンプ紹介依頼」という項目からスタンプを紹介してください~と申し込むかたちになります。

この4つは2018年以降絶対に押さえておきたいサイトなので、なかなかLINEスタンプが売れない方は是非利用してみてください(*^-^*)

スポンサードリンク



2018年、LINEスタンプの人気クリエイターになることは可能なのか?

もう間もなく2018年になりますが、この2018年からLINEスタンプの制作を始めて、果たして人気クリエイターになることは可能なのでしょうか?

中には、もう遅いという声も多数出ていますし、実際今から始めてLINEスタンプで稼いだり、人気クリエイターになることは簡単なことではありません。今の時点でトップのクリエイターにはすでにファンがついていますし、最初にもお話ししましたように、今は敵が多すぎて、すぐにスタンプが埋もれてしまい、売れないなんてことも普通ですからね(;^ω^)

しかし、実はLINEスタンプの市場自体は年々どんどん拡大してきており、その売り上げもどんどん上がっているんです。具体的には、そのクリエイターシステムが始まった2014年のLINEスタンプの売り上げは124億円だったそうなのですが、2017年の売り上げは428億円にもなる見込みなんだそうです。

つまり、LINEスタンプの需要自体はまだまだあって、むしろ増えてきているといって良いのです。そして、需要さえあればどんなクリエイターにもチャンスはあります。まずは、最初の1個を誰かに買ってもらえるかどうか、ここが非常に重要なポイントなのです。

だからこそ、この先LINEスタンプを作るなら宣伝活動は必須です。是非今回ご紹介したサイトなどを利用して、自分の作ったスタンプを色々な方にPRしてみてください(*^-^*)

まとめ

今回の記事では、LINEスタンプがなかなか売れないという方のために、2018年以降LINEスタンプを作るなら絶対に知っておきたい宣伝サイトについてご紹介しました(^^)

2014年、最初は数百程度しかなかったといわれているLINEスタンプも、今では数十万個にまで増えてしまったといわれており、その中で自分のスタンプを誰かに見つけてもらうというのは簡単なことではありません。

しかし、ツイッターやFaceBookなどのSNSなどをうまく利用したり、宣伝サイトなどを利用すれば、誰かの目にとまり、ブレイクする可能性も十分にあります。なので、是非今後LINEスタンプを作ったら、その後のPR活動にまで力を入れて取り組んでみてください(*^-^*)

今回の記事は以上になります。最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)