紙、鉛筆、スマホを使ったLINEスタンプの作り方をご紹介しています。

★☆ライスタ☆★

※LINEスタンプの審査期間が長い…!不満の声が続出の件について

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

LINEスタンプを個人でも初めて作れるようになったのが、今から4年前の2014年のこと。

そのクリエイターズシステムはこれまでに何度も改善され、今では簡単にLINEスタンプが作れるようになりました。

特に、撮影した写真を簡単にスタンプにしたいということなら、

LINE Creators Studio」を使うことで簡単にスタンプにすることが出来てしまいます。

ただ、この動画は正直利用者にとって誤解を生む原因になってしまうのではないかと思うのですが、

現実に、上の動画のように瞬時にLINEスタンプとして使えるようになるということはあり得ません。

だからこそ、審査期間が長いという不満を抱えている方は多いようなのですが、

今回の記事では、そのLINEスタンプの審査期間は現在どのくらいなのか解説いたします。

スポンサードリンク



LINEスタンプの審査期間について

先ほどご紹介した「LINE Creators Studio」は、正直言って評価は決して高くありません。

評価数は800を超えているにも関わらず、なんと総合評価はたったの★2です。

そして、その理由の1つとなっているのが、今回取り上げている審査期間であり、

もっと早く審査を完了してほしいという不満を抱えている方はとても多いように感じられました。

そして、現在の審査期間はというと、

大体皆さん、1週間~1ヶ月くらいの間に完了のお知らせが来ているようです。

私が以前審査に出した時は、1週間以内に完了のお知らせが来たこともありました。

ただ、長い場合には、やはり1ヶ月近くかかることもあるようです。

この審査は、例えば過激なスタンプの販売などを防ぐためには必要なものなので、ある程度待たされるのは仕方のないことだと私も思うのですが、

先ほどの紹介動画を見ると、誰でもすぐに使えるというような誤解が生じてしまいますよね。

それに、実はたとえ作者自身であったとしても、自分の作ったスタンプを利用するためには自分で購入する必要があります。

この辺りの説明が不十分であるために、あとからその事実を知って不満を抱いている方はとても多いようです。

以前の審査期間について

ただ、1週間という審査期間が長いと感じる方も当然いると思うのですが、

実は以前は、半年近く審査期間がかかる頃もありました。

その頃はまだクリエイターシステムが誕生して間もないころで、審査をする人でも足りていなかったんです。

ただ、それに対する不満の声も当然多く、

LINE側はある改革を行いました。

その改革というのが、

クリエイターの報酬を50%から35%に引き下げるというもの。

これはトップクリエイターの方々にとってはショックなものだったと思うのですが、その分の15%を人件費にあて、人手を増やすことにより、LINEスタンプの審査期間は大幅に改善されたという経緯があったのです。

なので、1週間は長く感じられるかもしれませんが、あまり気にせずに待ってあげましょう。

それにしても、説明は欲しいところですけどね。笑

ただ、今では毎日1000以上のスタンプが新規に申請されているみたいなので、審査する方もかなり大変みたいです。

特に、「LINE Creators Studio」の登場によって、クリエイター数はかなり増え、

2017年5月時点で72万人だったクリエイターの数は、2018年の5月には150万人となり、倍以上に増えてしまいました。

今後もLINEスタンプ市場は拡大していくことが予想され、2018年の売り上げも100億円を超す見込みとなっています。

スポンサードリンク



LINEスタンプを自分で作ってみたい方へ!

今回ご紹介した「LINE Creators Studio」は、写真などを簡単にスタンプにしたい方には向いているのですが、

例えば、絵を描いてスタンプにしたいという方にとっては、少々物足りないアプリとなっています。

例えば、イラスト制作アプリなどにはあるような、塗りつぶしの機能などは搭載されていません。

そのため、綺麗にイラストを描いてスタンプにしたいという方は、別の無料アプリを利用するのがお勧めです。(審査申し込みは「LINE Creators Studio」から行えば大丈夫です。)

そこで当サイトでは、私が実際にLINEスタンプを作った手順をご紹介していますので、興味がある方は是非ご覧になってみてください(^^)

>>>LINEスタンプの作り方がこちら

まとめ

今回の記事では、LINEスタンプの審査期間についてまとめました。

先ほどの紹介動画などを見て興味を持った場合、1週間という審査期間はとても長いように感じられると思うのですが、

実際に自分で作ったスタンプを会話で使えるというのはとても嬉しいものですし、LINE側も日々沢山の審査を行っていますので、楽しみにしながら気長に待ってあげましょう。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© ★☆ライスタ☆★ , 2018 All Rights Reserved.