※LINEスタンプの審査期間が長い…!不満の声が続出の件について

私が中学生、高校生くらいの時はスマホはまだなくて、俗にいう「ガラケー」をみんな使っていたのですが、それが今やケータイといえばほぼ「スマホ」のことをいいますし、いつの間にか、「LINE」を使ってメッセージのやり取りをするというのが当たり前になってしまいましたね(´▽`)

そのLINE、簡単にメッセージのやり取りできて、グループ通話もできて、スケジュール機能もあって、そういう便利な機能がぜーんぶ無料というのが、改めて考えるとすごいな~と思うのですが、このLINEが他のメッセンジャーアプリの追随を許さない大きな要因の1つとなっているのが、「LINEスタンプ」の存在であるということは言うまでもないですよね。なんでも、今年のLINEスタンプの売り上げはなんと428億円にもなると予想されており、LINE社CEOの出澤剛氏も、LINEスタンプこそ非常に大きな発明だったと答えています。

もともとはLINEの公式キャラクターのスタンプしかなかったわけですが、2014年の2月に、一般の方でもLINEスタンプを作れちゃうというクリエイターシステム「LINE Creators Market」が発表されたことをきっかけに、そのLINEスタンプは大ヒット!最初は数が少なかったLINEスタンプも今や数十万個以上にも増え、LINE自体が国外にも普及しつつあるという理由もあって、LINEスタンプの市場は年々拡大の一途をたどっているというわけなんです(*^-^*)

スポンサードリンク



そして、最近では写真などを切り取って簡単にLINEスタンプが作れちゃうというアプリ、「LINE Creators Studio」などが登場したということもあって、そのLINEスタンプの制作に挑戦する方はさらに増えているようです。いつも使うLINEで、自分が作ったスタンプが使えると思うとわくわくしますよね!

でも、そのLINEスタンプの制作をするにあたって、どうやら怒りのボルテージが上昇してしまっている方がいるようです。それが、タイトルにも書きました、審査期間がなげえよ!!!という問題。もうすでにLINEスタンプを作ったことがあるかたならご存知だと思うのですが、LINEスタンプは作ったらすぐ販売、という流れにはならず、そのスタンプが市場に出ても大丈夫なものなのかを審査するための審査期間が必要になるんですね。

ただ、人それぞれという部分もなんだかあるみたいなんですが、この審査期間がマジでなげえよ!( ゚Д゚)って時があるみたいなんですね。そこで今回の記事で、その審査期間についてまとめていきたいと思います。

LINEスタンプの審査期間について!1か月程度なら気長に待ってあげましょう!笑

見出しの通りなんですが、LINEスタンプの審査期間は、正直1か月くらい待つことも全然珍しいことじゃないんです。なので、そのくらいであれば、どうか気長に待ってあげるようにしましょう(´▽`)

私、ここんところLINEスタンプを作って無かったのですが、3か月くらい前?にLINEスタンプを作っていた時には、大体1週間前後でOKの連絡が来ました。でも、最近は先ほども言いました「LINE Creators Studio」などで作る方も増えているためなのか、審査期間にもう少々かかる傾向にあるのかもしれません。

しかし、実はこの「LINE Creators Studio」、その評価を見てみると、そのあまりの低評価っぷりにビビります笑そして、なんでこんなに評価が低いのかな~と思って詳細レビューを見てみたら、その理由として多数挙げられていたのが、その審査期間がなげえよ!ってことだったんですね。

しかし、中には2日待っただけで遅いですって言っていたり、1週間でまだですか?とか書いているような方もいたのですが、そのくらいは全然普通なんです…なんたって、前は審査期間に4か月以上もかかったなんて方もいるくらいですからね(;^ω^)

なので、そのころに比べると、審査期間が長いという問題は結構解消されてきているわけです。そもそも、今では毎日1000個近いスタンプが新たに申請されてきていますので、まあ多少は審査に時間がかかるのもしょうがないものかと個人的には思います。

と、最初は思っていたんです…笑しかし、その「LINE Creators Studio」の公式説明動画を見て考えが変わりました。この公式動画はよろしくないですわ~笑

その動画が以下のものになるのですが、この動画を見てから「LINE Creators Studio」でスタンプを作ったような方からすると、そりゃあ不満爆発の激おこぷん太郎でしょうね。

この動画をみると、絶対に見た人はほんの数分でLINEスタンプが作れちゃうと錯覚しますよね?(;^ω^)そりゃあたとえ2日しか待ってなかったとしても、いつんなったら使えんねん!ってなると思います。

実際は、こんなに一瞬でLINEスタンプが作れちゃうなんてことはあり得ませんのでご注意ください!実際はもっと審査期間がかかりますので、その間じっくり待つ必要があります。

まあ、説明動画ですから、間に「そして2週間の時が経ち…」なんて描写は入れられないとは思うのですが笑、動画の最後にでも、注意として審査期間がかかりますということは書いておいた方が良いですよね(´▽`)

スポンサードリンク



LINEスタンプを自分で作ってみたい方へ!

先ほどから説明している「LINE Creators Studio」というアプリは、写真などを簡単にLINEスタンプにしたい方には向いているアプリになっているのですが、正直、イラストなどを描いてスタンプにしたいと考えている方にはあまり適していないアプリとなっています。

というのも、このアプリ、中にお絵かきモードもあるのですが、その中の機能が少々物足りないんですよね。塗りつぶしの機能などもありませんし、使ってみるとわかりますが、実際にイラスト制作などに特化したアプリ「ibisPaint X」などと比較してしまうと、ちょっとな~という印象です。本当に簡単な絵しか描けないです。

そもそも、スマホとかの画面って、絵描くの難しいんですよね(;^ω^)私はいつも紙に絵を描いてから、それをイラスト画像としてスマホに取り込んで編集する方法でスタンプを作っているのですが、そのほうが個人的には全然作りやすいです。

そこでといってはなんですが、その私がLINEスタンプを作る際の方法を、以下の記事で詳しくまとめましたので、興味がある方は是非ご覧になってみてください。スマホの無料アプリだけで作る方法なので、気軽に一度LINEスタンプを作ってみたいという方にはお勧めです(*^-^*)説明めっちゃ長くなってしまったんですが笑、わかりにくいところを詳しく説明しているだけなので、やることはなんてことないことばかりです!

【※保存版※】スマホのアプリを使ったLINEスタンプの作り方とは?

まとめ

今回の記事では、LINEスタンプの審査期間に関するあれこれをまとめますとともに、スマホの無料アプリを使ったLINEスタンプの作り方についてご紹介しました(*^-^*)

LINEスタンプは少々審査期間がかかるのですが、やっぱり自分の作ったスタンプを実際に会話で使えるのは感動しますし、制作自体も楽しいのでお勧めです。もし、まだやったことがないという方は、是非チャレンジしてみてください(´▽`)

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)