※手書きのイラストをアプリでLINEスタンプにする方法がこちら!

今や、友人や家族とメッセージをやり取りするといえばLINEを使うのがもはや当たり前になってしまいましたが、そのLINEは、使いやすさと機能の充実性も素晴らしいですし、なんといっても、個性的な「LINEスタンプ」が沢山あるというのがその大きな魅力ですよね。

2014年、LINEユーザーでもLINEスタンプを作れるシステム、「LINE Creators Market」が発表されたことをきっかけに、そのLINEスタンプ市場は急激に拡大していったわけですが、実は2015年、2016年、2017年と、その市場と売り上げはどんどん拡大しているそうで、2014年124億円だった売り上げも、今年2017年はなんと428億円にもなる見込なんだそうです。

しかも、2016年の時点で、トップ10までの平均総売り上げは2億円を突破しているらしいです(;^ω^)すげえ。LINEスタンプだけでお金持ちになることも夢ではないということですね。

スポンサードリンク



こういう、一躍人気クリエイターになることを目指してLINEスタンプ制作に挑戦する方もいれば、とりあえず友人や家族などと使えるような面白いスタンプ、思い出のスタンプを作りたいという方など、様々な方がいると思うのですが、とはいえ、そのスタンプの作り方が全然わからん!という方もおそらく多いのではないでしょうか?

そこで今回の記事では、手書きのイラストを、スマホのアプリを使ってLINEスタンプに仕上げていく方法についてご紹介したいと思います(*^-^*)

手書きのイラストをスマホのアプリでLINEスタンプにする方法とは?

皆さんは、スマホで撮った写真などを簡単にLINEスタンプにできる「LINE Creators Studio」というアプリをご存知でしょうか?これは、LINEが公式に発表したアプリであり、その説明動画が以下のものになります。(ちなみに、このアプリを使っても実際にこんなに一瞬でLINEスタンプが使えるようになることはあり得ませんのでそこは覚えておいてください。LINEスタンプを実際に作って使えるようになるまでは、少なくとも1週間近い審査期間を経る必要があります。)

この「LINE Creators Studio」というアプリは、この動画のように写真などを簡単に加工してスタンプにしたいという方にはむいているのですが、正直、手書きのイラストをスタンプにしたいという方にはあまりお勧めできるアプリではありません。

というのも、このアプリは、そのアプリ内にお絵かきをするモードがあるので、そこで手書きのイラストを作成することもできるのですが、正直機能が本当に基本的なものしかなくて、物足りなさを感じる方も少なくないと思うのです。

例えば、そういう手書きのイラスト制作に特化したアプリなどには普通に実装されているような、「塗りつぶし」の機能もないというのは悲しいところです(;^ω^)

あと、このアプリで絵を描いた後には、必ずスタンプにしたい部分の絵をくりぬいて、絵以外の部分を透過させるという作業をする必要があるのですが、これも指で絵の周りを綺麗になぞる必要があるんですよね。実際、他の透過アプリを使えばその作業も自動でパっと終わるんです。なので、この「LINE Creators Studio」だけで、手書きイラストを透過作業まで完了させるというのは、なかなか簡単なことではありません。

そして、そもそも何ですが、スマホ画面に手書きのイラストを描くのって、結構難しいんです。修正も難しいですしね。だからこそ私は、いつも紙に手書きのイラストを描いてから、それをアプリで画像として取り込んで、それに色などを付けてスタンプ画像に仕上げていくという方法でLINEスタンプを作っています。

では、実際にこれをどうやるのかという話なのですが、この詳しい方法は以下の記事で画像付きで詳しくまとめていますので、是非そちらをご覧ください。紙に手書きで描くといっても、細かな調整などはアプリの方でできますので、是非参考にしてください(*^-^*)

【※保存版※】スマホのアプリを使ったLINEスタンプの作り方とは?

スポンサードリンク



人気クリエイターになりたい!そんな方はこちらも参考にしてください!

LINEスタンプを作ってみたいと考えているような方の中には、誰もが使いたいと思うようなスタンプを作って、人気のクリエイターになりたいと思っているような方もいらっしゃるのではないかと思います(*^-^*)

しかし、今からこのLINEスタンプ市場に参入し、トップクリエイターになるのはなかなか簡単なことではありません。そもそも、トップクリエイターはみんながみんな自分でLINEスタンプを作っているかというとそうでもなくて、実は、制作代行サービスなどを利用して、宣伝までお金をかけて取り組んでいるような方も中にはいらっしゃるのです。

とは言え、本当に「可愛い」or「おもしろい」スタンプを作ることができれば、人気クリエイターになることも全然不可能なことではないと思うのですが、実は今は毎日市場に追加されるLINEスタンプの数が多すぎて、ただ新しいLINEスタンプを作って販売しても、その大半はすぐに埋もれてしまい、そもそも見つけてすらもらえないというような状況になっています。

なので、もし今からLINEスタンプ市場に参入していくのであれば、そのLINEスタンプを宣伝するところまでの対策をしっかりと行っていくことが非常に重要なのです。もちろん、家族や知り合いに教えることも大切ですが、何より自分が知らない人にも知ってもらわなければ有名クリエイターにはなれませんからね( ゚Д゚)

そして、嬉しいことに今ではそういうLINEスタンプを宣伝するサイトなども多数あるので、そういうものを利用して宣伝することが必須なんです。では、実際その宣伝サイトにはどんなものがあるのかということについて、詳しく調べた結果を以下の記事にまとめましたので是非参考にしてください。

※2018年版!知っておきたいLINEスタンプの宣伝サイトがこちら!

まとめ

今回の記事では、手書きのイラストをアプリを使ってLINEスタンプにする方法について紹介しますとともに、そのLINEスタンプをPRするための宣伝サイトについてご紹介しました。

もちろんLINEスタンプはただそれを作って身内とやり取りするだけでも楽しいので、作ってみたいと考えている方は是非どんどん挑戦してみてください!自分が作ったキャラが会話でスタンプとして使えると、テンションあがりますよ(*‘∀‘)笑

それでは今回の記事は以上になります!最後まで読んでいただきありがとうございました(*^-^*)

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)